ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

SEO対策

矢印

不動産会社のWebサイト運用で集客に効果的な4つのポイント

時計

不動産会社のWebサイト運用で集客に効果的な4つのポイント

不動産会社のWebサイト運用で集客に効果的な4つのポイント

不動産会社がWebサイトから集客効果を得るためには、制作後の運用がもっとも重要です。もちろんWebサイトの完成後、ただ放置しているだけでは高い集客効果を得ることはできません。そのため、お問い合わせを増やしたい不動産会社は、Webサイトでどのように集客すべきなのかを知り、施策を実行することが大切です。

しかし、Webサイトをお持ちの担当者様の中には、集客効果を高める具体的な運用方法がわからない方も少なくないでしょう。また、制作後にSEO対策や広告をどのように実施・運用すればいいのか把握できていない人も多いではないでしょうか?

そこで、今回は集客効果を高める不動産会社Webサイト運用のポイントや制作後のSEO対策、広告運用についても解説します。

目次

集客に効果的な不動産会社Webサイト運用のポイント4選

集客に効果的な不動産会社Webサイト運用のポイントは、大まかにわけて4つあります。それぞれのポイントについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

集客の目的やターゲットを明確にする

1つ目のポイントは、集客の目的やターゲットを明確にすることです。

効果的な集客を行うためには、施策を実施する必要があります。もし、事前に目的を決めていない場合、最終目標が不明瞭のまま施策を進めることになるため、戦略にズレが生じることが多いです。また、ターゲットが明確に定まっていない状態で取り組みを実行してしまうと本来顧客として取り込みたい人から反響を得られない施策になるため、集客が非効率になる可能性があります。

効率的な集客には、施策の実施が必須です。また、その施策を成功させるためには、前提として目的やターゲットを明確にすることが欠かせないため、不動産会社がWebサイト運用をする際の重要なポイントになります。

コンテンツマーケティングを実施する

2つ目のポイントは、コンテンツマーケティングを実施することです。

コンテンツマーケティングとは、Webサイトから情報発信をしてオーガニック検索からユーザーの流入を得る施策になります。Googleなどで賃貸物件に関する内容を検索しているユーザーが自社のWebサイトのコンテンツを見つけてアクセスし、お問い合わせにつなげる流れです。わかりやすい例としては、コラム記事などがそれに該当します。

コンテンツマーケティングは、ユーザーから積極的に行動して情報を見つけ、Webサイトにアクセスしてくれるため、ターゲット選定などが明確である場合、コンバージョン率に良い影響を与えます。また、作成したコンテンツは、その不動産会社の資産になり、評価が高いものはSNSなどで拡散されることも少なくありません。さらに、広告費を削減できる、顧客ロイヤルティが高まるなどのメリットがあるため、効果的な集客を得たいという不動産会社が必ず実施すべき施策です。

継続的な効果検証

3つ目のポイントは、継続的な効果検証を行うことです。

コンテンツマーケティングなどの施策を展開したあと、結果を確認しなかったり、改善の余地がある施策を見直さなかったりするのは好ましくありません。実行した施策に対しては、必ず結果を確認し、改善すべき点は軌道修正を入れるのが重要です。

効果検証を行うことで、より効果的な集客を生み出すための作戦を練り、実行することができるので、不動産会社がWebサイトで集客を行う際の大切なポイントです。

Webサイト運用の知識が外部に委託するのもあり

4つ目のポイントは、外部委託を検討することです。

基本的に不動産会社は、アパートやマンションの賃貸・売買を仲介したり、土地を売り買いしたりするお仕事がメインになります。不動産業界のプロであるため、逆にWebサイト運用に関する知識はないという担当者様が多いのではないでしょうか?

Webサイトの運用には、SEOなどさまざまな知識が求められるため、まったく経験がない人が実施すると効率的に運用ができない場合があります。そのため、不動産会社はWebサイト運用のプロに任せたほうが効果的です。

確実に効果の高い施策を実行していきたいという方は、専門の業者に委託することを検討するようにしましょう。

不動産会社のWebサイトでSEO対策を実施するときに心がけたいポイント

不動産会社に限らず、Webサイトの運用で必ず目にするのが“SEO対策”です。実際に、担当者様の中には、それが何を意味するのかわからないという方も少なくないでしょう。

SEO対策とは、Search Engine Optimizationの略称で検索エンジン最適化を意味します。簡単にいえば、SEOの内部対策や外部対策を実施することで、検索順位を上昇させることが可能です。もちろん、検索エンジンで検索したとき、上位表示されているページへのアクセス数が多くなるため、集客効果が高いです。そのため、不動産会社に限らず多くのWebサイトが積極的にSEO対策を実施しています。

不動産会社のWebサイトの集客効果を高めるため、どのようにSEO対策を実施すればいいのかわからないという方も少なくないでしょう。不動産会社がSEO対策をする際に心がけたい6つのポイントをご紹介しますので、Webサイトを運用するときの参考にしてください。

ほかの不動産会社との競合が低く、成約につながるキーワードを選定する

コンテンツ制作を行う際、ほかの不動産会社との競合が低く自社の成約につながるキーワードを選定することです。

例えば、物件の条件をキーワードに含めてWebサイトのコンテンツ制作を行います。物件へのお問い合わせがコンバージョンである場合、下記のようなキーワードを含めることでうまくターゲットを獲得することが可能です。

  • 駅近
  • オートロック
  • 徒歩〇分
  • 日当たり
  • バス・トイレ別
  • ウォークインクローゼットなど

また、内部対策でキーワードを選定するとき、十分に競合性を考える必要があります。コンテンツマーケティングで効果を得るためには、Googleの検索エンジンで上位表示させることが重要です。もし、競合が高いキーワードを選定してしまうと、上位表示が難しくなるため、十分な効果を得ることができません。

競合性を低くするためには、ロングテールキーワードを採用するのがおすすめです。ロングテールキーワードとは、複数の言葉が組み合わさったキーワードを意味します。例えば、「地名 徒歩5分 ペット可」や「駅名 2LDK マンション」などです。このように、複数の言葉を組み合わせてキーワード選定することで、競合性を下げることができるため、自社の不動産会社のWebサイトを上位表示させることができるようになります。

不動産会社がキーワードを考えるとき、固有の物件名を含めることもポイントです。ロングテールキーワードと同様に、競合性を下げることができるだけでなく、成約する可能性が高いユーザーをピンポイントで集客することができます。そのため、固有の物件名を含めてコンテンツ制作することも不動産会社がSEO対策を実施する上で心がけたいポイントです。

コンテンツを定期的に更新する

コンテンツは定期的に更新するのが重要です。

コンテンツを毎日更新すれば、SEO効果が高まり、検索順位が上がるということはありません。しかし、情報量が増えることで、ユーザービリティが高くなったり、サイトの質が向上したりする可能性があります。

例えば、不動産会社のWebサイトで不動産関連の情報が網羅されていれば、ユーザーはひとつのWebサイトで情報収集を済ませられるため、利便性が高いです。また、情報が網羅されている不動産会社のWebサイトはコンテンツが充実していると判断されるため、Webサイトの質が上がります。

豊富な物件情報を掲載する

不動産会社のWebサイトは物件情報を多く掲載するように心がけましょう。

Googleで検索したとき、SUUMOなど大手ポータルサイトが上位表示されますが、その理由のひとつに掲載物件数の多さが挙げられます。物件数が豊富であればあるほど、さまざまなユーザーのニーズに合った物件を紹介することができるため、適切な順位付けといえるかもしれません。

このように、不動産会社のWebサイトにおいて、豊富な物件数の掲載はSEO対策として一定の効果を得られる可能性があります。そのため、不動産会社が扱う物件をWebサイト上でできるだけ掲載するのがおすすめです。

また、むやみに掲載するのではなく、できる限り情報は正しく掲載するようにしましょう。変更等がある場合は定期的にWebサイトを更新して正しい情報をユーザーに伝えるのが大切です。

物件情報はできるだけ細かく掲載する

不動産会社がSEO対策をする上で心がけたいポイントとしては、物件情報の内容を細かく記載することです。

例えば、写真をできる限り掲載します。これにより、その不動産会社が取り扱っている物件の詳細を視覚的に伝えることが可能です。

また、写真だけでなく、不動産会社のスタッフがおすすめしたいポイントなど、ほかの不動産会社のWebサイトと差別化を図ることで有益な情報をユーザーに提供することができるでしょう。

タイトルや見出しにキーワードを含める

コンテンツ制作をする際、タイトルや見出しにキーワードを入れることです。

特定のキーワードで検索エンジンに不動産会社のWebサイトのコンテンツをヒットさせるためには、Googleのクローラーにどのような内容の記事なのかを伝える必要があります。タイトルや見出しにキーワードを入れることで、コンテンツ内容を正しく伝えることができるようになるので不動産会社がWebサイトのSEO対策を実施する上で重要なポイントです。

コンテンツは2,000文字以上書く

最後のポイントは、不動産会社がコンテンツ制作を行う際、2,000文字以上で執筆することです。

2,000文字以上書くことで必ず上位表示されるというわけではありません。しかし、特定のキーワードで競合サイトが2,000文字以上書いている中、自身の不動産会社のWebサイトが1,000文字のみである場合、前者の不動産会社のほうがGoogleから高く評価される可能性が高いです。

できるだけわかりやすく、充実した情報を伝えるためにも2,000文字以上のコンテンツ制作を心がけるようにしましょう。

広告運用で素早い効果!不動産会社がWebサイト集客に使える広告とは?

不動産会社の中には、Webサイトから効率的に集客するために広告の運用を検討している担当者様も少なくないでしょう。しかし、不動産会社が運用できる広告の種類は複数あるため、選択に迷われてしまう方も多いです。

実際に、不動産会社が運用できる広告を3種類ご紹介しますので、不動産会社の担当者様は、ぜひ参考にしてください。

リスティング広告

1つ目は、リスティング広告です。

リスティング広告は、Googleの検索結果の1番上に広告・URL形式で表示されているWebサイトのことを意味します。有料の検索連動型広告といわれることも多いです。

リスティング広告は、適切なキーワード選定を行うことで、短期間で多くのお問い合わせを見込むことができるようになります。また、ロングテールキーワードなど人気のあるキーワード以外であれば、広告費用も安いため、費用対効果が高いです。

例えば、不動産会社がリスティング広告を出稿する場合、「地名 駅近 ペット可」などのキーワードを選びます。

バナー広告

2つ目は、バナー広告です。

バナー広告は、Webサイト上で表示されるバナー形式の広告になります。不動産会社が不動産関連のメディアに掲載を依頼することで、見込み顧客に取り扱い物件を紹介することが可能です。

しかし、不動産会社がメディアに直接依頼してバナー広告を掲載するためには、まとまった費用を支払う必要があります。予算をあまりかけたくないという不動産会社は、別の方法で広告運用するのがおすすめです。

ポータルサイトの掲載

3つ目は、ポータルサイトの掲載です。

大手のポータルサイトは利用者数が多く、不動産会社が利用すれば、集客に効果を期待できます。また、ポータルサイトの中には、Webサイトのリンクを掲載できるケースもあるため、ポータルサイトから不動産会社のWebサイトに集客することも可能です。

しかし、不動産会社のWebサイトから直接お問い合わせを得られるときとは異なり、ポータルサイトは掲載料を支払う必要があります。そのため、ほかの広告と同様に費用がかかるため、社内で相談するようにしましょう。

まとめ

今回は、不動産会社のWebサイトで集客に効果的なポイントやSEO対策の際に心がけたいこと、広告の運用について解説しました。

本来、Webサイトは制作をすることが目的ではなく、運用して集客を得ることではじめてWebサイトの目的を達成したといえます。そのため、不動産会社はWebサイト制作後、集客効果を得るために、正しくWebサイトを運用することが重要です。しかし、WebサイトのSEO対策を実施した経験がない人やどのように広告を運用すればいいのかわからない担当者様も少なくないでしょう。

Webサイトから効率的に集客したいという不動産会社は、株式会社クラウドシードがおすすめです。株式会社クラウドシードは、Webサイト制作だけでなく、Webマーケティングの実績も豊富にあります。SEO対策はもちろんのこと、広告運用などのサポートも実施していますので、興味のある方は、下記のお問い合わせからお気軽にご相談ください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

これからWebサイトを作る人必見! どんなWebサイトを作ったらいい? 目的からサイトの種類を選ぶ
時計

2022/02/07

これからWebサイトを作る人必見! どんなWebサイトを作ったらいい? 目的からサイトの種類を選ぶ

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE