ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

Webサイト制作

矢印

不動産会社がWebサイト制作を成功させるコツやポイント

時計

不動産会社がWebサイト制作を成功させるコツやポイント

不動産会社がWebサイト制作を成功させるコツやポイント

不動産会社にとってWebサイトは非常に重要なビジネスツールです。もし、保有していない場合、Web集客は不動産情報サイトを通して紹介される顧客がメインになります。また、直接不動産会社のWebサイトから問い合わせを受け付けることができないため、Webサイトを所有していないと機会損失につながるのです。

しかし、Webサイトを保有していれば、どのような形でも問題ないというわけではありません。制作を検討している人は、コツやポイントを把握して顧客が見やすく集客効果も得られるWebサイトを作る必要があるでしょう。

そこで、今回は不動産会社がWebサイト制作をする際に取り入れたいコンテンツ例、コツやポイント、注意点について解説します。

目次

不動産会社がWebサイトを制作するときに掲載を検討したいコンテンツ例

不動産会社がWebサイト制作をするときに取り入れたいコンテンツ例は、大まかにわけて7つあります。ご紹介するコンテンツ例をできるだけ掲載することで、顧客に必要な情報を伝えられたり、スムーズに問い合わせを受け付けられたりするので、ぜひ参考にしてください。

物件情報ページ

1つ目は、物件情報ページです。

物件情報は、不動産会社が扱う物件を絞り込みすることができたり、立地や間取りなどの詳細情報を閲覧できたりするページです。市町村からだけでなく、駅や詳細地図、条件から検索できれば利便性が向上するでしょう。

物件情報ページは、特に地方の不動産会社にメリットがあります。その理由は、ニッチな不動産情報を求めている顧客が多いため、地名などの検索キーワードからWebサイトに流入するケースがあるからです。

物件情報はトップページに掲載するのがおすすめです。例えば、トップページに日本地図を表示させて都道府県をクリックすることで住みたい物件情報にアクセスできるようにしたり、検索機能がない場合でもおすすめの物件情報をピックアップしてトップページに掲載したりすることで、検索・閲覧しやすいWebサイトを提供できます。

サービス内容の紹介

2つ目は、サービス内容の紹介です。具体的には、不動産会社が取り扱うサービスを掲載します。一般的には、不動産売買や仲介、管理、賃貸などです。

扱うサービスを簡潔に載せるのではなく、各サービスで具体的にどのような業務を提供しているのか、心がけていることなどを細かくWebサイトで掲載すると顧客にわかりやすく説明することができます。

不動産会社を利用する顧客の中には、ワンストップでサービスを利用したいと考えている人も少なくありません。例えば、不動産買取をしてもらったあとに賃貸物件を探したいというケースです。もし、不動産買取と賃貸物件の両方のサービスを扱っていない不動産会社を利用するとサービスごとに別々の不動産会社へ依頼しなければなりません。

サービス内容を掲載すれば、顧客がどのようなサービスを扱っている不動産会社なのかを知ることができます。また、まとめて依頼できるのかなども把握することが可能です。サービス内容を掲載することによって、まとめて依頼を受けられるチャンスが増える可能性もあるため、Webサイトに掲載したいコンテンツのひとつです。

自社のアピールポイント

3つ目は、アピールポイントの掲載です。

他社には真似できない不動産会社特有の強みや特徴をWebサイトに掲載します。これにより、顧客はその不動産会社を利用することで得られるメリットを知れたり、顧客自身のニーズにマッチするか把握できたりするので、不動産会社を選定する際の材料となるのです。

一方、不動産会社にとっては自社をアピールするための重要なコンテンツになります。強みや特徴をできる限りピックアップし掲載するようにしましょう。また、数だけでなく、他社には真似できないところを紹介することで、顧客へのアピール効果を強められます。

会社概要

4つ目は、会社概要です。

会社概要ページには、具体的に下記のような情報を掲載します。

  • 会社名
  • 代表者名
  • 所在地
  • 電話番号
  • 事業内容
  • 営業免許
  • 各支店情報など

会社概要は不動産会社に関わらず、多くの企業が取り入れているコンテンツです。掲載することで、顧客は不動産会社の情報を細かく把握することができるので、安心感につながります。また、電話番号などを公開することで、直接問い合わせを受けられる場合もあるので、大きなメリットです。

お問い合わせフォーム

5つ目は、お問い合わせフォームです。

基本的に、不動産会社の多くはWebサイトに集客効果を求めているため、設置したいコンテンツのひとつです。

不動産情報サイトを利用している場合、そこから集客を得ることもできます。しかし、顧客の中には、検索エンジンを利用してヒットした物件情報を不動産情報サイトで閲覧し、直接不動産会社に問い合わせるケースも多いです。もし、お問い合わせフォームを設置していないと注文を受け付けることができないので機会損失となってしまいます。そのため、Webサイトから集客したい不動産会社は、必ず掲載するのがおすすめです。

お問い合わせフォームは、下記のような項目を設置します。

  • お問い合わせ内容
  • メッセージ内容
  • 名前
  • メールアドレス
  • 電話番号
  • 住所
  • 性別
  • 年齢など

それぞれの項目で必須・任意を選択し、不動産会社は必要な情報を収集できるようにします。Webサイトにお問い合わせフォームを設置することで、24時間顧客から問い合わせを受け付けることが可能です。営業時間外の窓口を用意することができるので、不動産会社のWebサイトに必須です。

代表のあいさつ

6つ目は、代表者のあいさつです。

代表者のあいさつを掲載することで、顧客が会社のイメージをつかみやすくなります。これにより、安心感や信頼感が生まれる可能性があるため、掲載するのがおすすめです。また、ターゲット以外からの問い合わせを少なくできるという効果もあります。

代表のあいさつには、下記のような内容を掲載することが多いです。

  • 写真
  • 代表者の理念
  • 経歴など

代表のあいさつは、会社の特徴が色濃く出るため、不動産会社のWebサイトにとって重要かつ掲載したいコンテンツです。

スタッフの紹介を掲載する

7つ目は、スタッフの紹介を掲載することです。

顧客の中には、営業マンなど不動産会社のスタッフに対して接しづらいイメージを持っている人もいます。怖い・近寄りづらいイメージを持っていると問い合わせを躊躇してしまったり、不安を強く感じたりするケースも少なくありません。

顧客が抱くイメージを払拭するために、スタッフの紹介をWebサイトに掲載するのがおすすめです。直接会う前に顧客がスタッフの顔を把握できることで、不安を取り除くことができます。実際に、安心して利用しやすい環境をWebサイトの中で作れることは大きなメリットとなるのではないでしょうか?

不動産会社がWebサイト制作する際に意識したい5つのコツやポイント

不動産会社がWebサイト制作をする際に押さえておきたいコツやポイントは5つです。コツやポイントを知ることでイメージに近いWebサイト制作ができたり、集客効果のあるWebサイトを構築できたりするので、ぜひチェックしてみてください。

ターゲットを絞り込む

不動産会社がWebサイト制作をするとき、ターゲットを絞り込み、流入を見込みたい顧客を決めることが重要なコツです。例えば、『地域密着型の不動産会社が扱う特定の物件に住みたいターゲットに絞る』、『賃貸事務所などを扱っているため、法人にターゲットを絞る』というようなイメージになります。

特定の顧客層にターゲットを絞ることで、取り込みたい顧客に流入を限定することが可能です。これにより、ターゲットにならない顧客を少なくすることができます。簡単にいえば、法人をターゲットにしている不動産会社のWebサイトに賃貸住宅を探している顧客が流入しないようにできるというわけです。

また、ターゲットを明確にすることで、Webサイトのページの作成や流入経路の確保など、Webサイトを運用する際に同じ方向性・目的を持ちコンテンツ制作ができます。Webサイト全体に統一感が生まれやすくなるため、Web制作をする上で重要なポイントといえるでしょう。

デザインで他社と差別化を図る

不動産会社がWebサイトを制作する際、デザインにおいて他社と差別化を図ることが重要です。

Webサイトのデザインを他社と差別化することによって、自社の強みを全面に打ち出し、ブランディングを確立することができます。これにより、自社だけが提供できることが明確になるため、顧客にメリットを感じてもらいやすいです。また、ブランディングにより顧客からの認知度向上や新規開拓などの効果を得ることができます。

不動産会社がWebサイト制作で他社と差別化を図るためには、オリジナルデザインを採用することです。テンプレートを活用してWebサイトを制作することもできますが、ベースが同じであるため、他社とデザインが似やすくなります。そのため、ゼロベースから制作してもらえるシステム開発会社に制作を委託するのがおすすめです。システム開発会社に不動産会社の特色をWebサイトに反映してもらうことで、オリジナル性の高いWebサイトを構築することができます。

情報発信しやすいWebサイトであること

情報発信がしやすいように、Webサイトを構築することも制作において重要なコツのひとつです。

基本的に不動産会社のWebサイトは、立ち上げることが最終的なゴールではありません。それぞれの不動産会社によっても異なりますが、共通する目標として挙げられるのが集客です。実際に、Webサイトから集客することで利用してもらえる顧客が増え、利益向上などを目指せるため、集客を目標に設定している担当者様も多いでしょう。

集客効果を得るためには、検索エンジンなどからの流入を得る必要があります。そのためには、コンテンツを制作しWebサイトを更新し続けることが重要です。つまり、更新しやすいWebサイトを構築することが集客の鍵を握るため、意識したいコツのひとつになるでしょう。

顧客が親しみやすいようにする

顧客が親しみを持てるWebサイトにすることです。

先ほども述べたように、営業マンの顔写真を載せることもひとつの方法として挙げられます。また、Q&Aを設置してWebサイトの中で疑問に応えたり、チャットで問い合わせができるようにしたりすることもひとつの手段です。

親しみやすさは安心感につながりますので、重要なポイントといえます。

掲載する内容を絞る

掲載する内容を絞ることもコツやポイントのひとつとして挙げられます。

ターゲットにピンポイントの情報だけを掲載することで、Webサイトに魅力を感じてもらいやすくなります。幅広いサービスを扱う不動産会社であってもできるだけ内容は絞り、ターゲットに合った情報を掲載するのがおすすめです。

不動産会社がWebサイト制作するときに気をつけたい3つの注意点

不動産会社がWebサイトを制作する際、気をつけたい注意点が3つあります。不動産会社が注意点を把握せずにWebサイトを制作してしまうと信頼を失うリスクもあるため、必ずチェックするようにしましょう。

宅建業法や景品表示法等に従う

宅建業法や景品表示法、公正競争規約に従ってコンテンツ制作を行うことです。

例えば、誇大広告を掲載したり、消費者に誤認されやすい用語を使用したりするとルール違反になる可能性があります。もし、禁止事項に抵触すると、6ヶ月以下の懲役または、100万円以下の罰金に科されることもあるため、掲載内容には十分に注意しなければなりません。

古い物件情報は更新する

古い物件情報は必ず更新するようにします。

すでに契約済みの物件情報を掲載し続けると、それを見た顧客から問い合わせが来ます。また、おとり物件と誤解されてしまうと宅建業法や景品表示法に抵触する恐れがあるため、古い情報は残さず、常に最新の情報を心がけるようにしましょう。

法改正に速やかに対応する

不動産会社は法改正に対して速やかに対応することが求められます。

法改正が行われたあと、不動産会社のWebサイトに間違った情報を掲載され続けていると顧客と取引する際に問題となるケースがあります。そのため、不動産会社は法改正が行われたら、Webサイトを見直して法律に沿った内容に変更しなければなりません。

まとめ

今回は、不動産会社がWebサイト制作を成功させるためのコツやポイント、掲載したいコンテンツ例について解説しました。不動産会社がWeb制作を成功させるためには、他社と差別化を図り、ターゲットに合ったWebサイト制作をすることが求められます。実際に、これからWebサイト制作を検討している不動産会社の担当者様の中には、オリジナリティ溢れるWebサイトを制作したいと思われている方もいるのではないでしょうか?

オリジナルデザインの不動産会社のWebサイト制作を依頼するなら株式会社クラウドシードがおすすめです。株式会社クラウドシードでは、コーポレートサイトやブランディングサイトなど、数多くのWeb制作実績があるシステム開発会社になります。また、Webサイトのブランディングやマーケティングも手掛けているため、Webサイトの運用を委託することも可能です。興味がある担当者様は、下記のお問い合わせからお気軽にご相談ください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

ブランディングサイトとは?サイトの目的と掲載コンテンツ、作り方のポイント、制作費用の相場をお伝えします。
時計

2022/02/14

ブランディングサイトとは?サイトの目的と掲載コンテンツ、作り方のポイント、制作費用の相場をお伝えします。

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE