ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

Webサイト制作

矢印

これからWebサイトを作る人必見! どんなWebサイトを作ったらいい? 目的からサイトの種類を選ぶ

時計

これからWebサイトを作る人必見! どんなWebサイトを作ったらいい? 目的からサイトの種類を選ぶ

これからWebサイトを作る人必見! どんなWebサイトを作ったらいい? 目的からサイトの種類を選ぶ

こんにちは。株式会社クラウドシード、Webマーケティング部です。

企業にとってWebサイトは、企業の情報や扱っている商品やサービス内容を伝えるだけではなく、広告、販売、集客や採用などの手段にもなっており、社会におけるコミュニケーションツールとして無くてはならないものです。しかしながら、いざ、Webサイトを作ろうと思っても、その種類も内容も多岐にわたっていて、何からはじめていいかわからないとお困りの方も多いのではないでしょうか?

本記事では、これからWebサイトを作るにあたって、何から始めていいのかわからない、あるいはWebの制作会社の選び方がわからないとお悩みの方に向けて、目的別に作成するべきWebサイトの種類について解説します。必要なWebサイトの種類がわかれば、それを得意分野としている制作会社に相談したり、見積りをお願いしたりできるので、ぜひ参考にしてください。

目次

ホームページとWebサイトの違い

ホームページとWebサイトの違い

一般的にホームページと言われているものはWebサイトのことです。詳細に言うとWebサイトは複数のWebページで構成されており、そのトップページのことをホームページと言います。この記事ではWebサイトと統一して表記しています。

Webサイトのユーザーと目的

Webサイトを制作する際に、まず、やらなければならないのは「だれに見てもらいたいか」「Webサイトを通じてどんな成果や効果を得たいのか」をしっかり考えておくことです。複数の目的を設定したい場合には、一つのWebサイトに内容を詰め込むのではなく、目的ごとに複数のWebサイトを制作することも選択肢になります。各サイトの内容を目的に合わせてより充実させられるため、ユーザーに効率よくアプローチすることができるからです。

目的別のWebサイトの種類

目的別のWebサイトの種類

では、具体的にWebサイトで得たい目的とそれに適したWebサイトの種類について解説します。Webサイトの種類は主に以下の7つがあげられます。

1. コーポレートサイト

取引先や顧客に企業の情報を伝えたい、就職を考えている応募者や、投資家や金融機関に企業の内容をきちんと紹介することで信頼度を高めたいなど、会社案内を目的とする際に適したサイトです。会社概要や沿革、経営理念や事業案内、IR情報などを掲載します。会社の「名刺」のような役割を果たす「コーポレートサイト」は「企業サイト」と呼ばれることもあります。

2. サービスサイト

取引先や顧客に、取り扱っている商品やサービスの詳細を紹介したいといった、商品やサービスの認知拡大を目的とする場合に適したサイトです。見込み顧客に商品やサービスの詳細を伝えて、顧客になる行動を促す目的にもサービスサイトは適しています。

3. ECサイト

扱っている商品やサービスをインターネット上で販売したいという目的に適したサイトです。ECサイトはインターネット上の店舗としての役割を担います。サービスサイトとの違いは、サイト上で商品の詳細を紹介するだけではなく、販売と決済が完結させられる点です。

4. プロモーションサイト

特定のサービスや商品のプロモーションを目的としたい場合に適したサイトです。特設サイトのような扱いで、ターゲットや商品を絞って1ページで構成するものです。商品やサービスについての問い合わせや販売をダイレクトに訴求し、検索結果やWeb広告などを経由してユーザーが最初にアクセス(ランディング)するページになるので、ランディングページ(LP)とも言います。広告を使って短期的に集客を行いたい場合に特に有効なサイトです。

5. ブランディングサイト

ブランド戦略を立ててブランドメッセージを伝えたい、ブランドアイデンティティをユーザーに認知してもらいたいという目的に適したサイトです。他社との差別化を見せたい、ブランドイメージを浸透させたい、あるいはファンを醸成したいといった、ブランド戦略の手段として特化したサイトになります。

6. 採用・リクルートサイト

人材の採用を行う目的のためのサイトです。採用活動をインターネットで行う場合、コーポレートサイトの中に「採用情報」として掲載することも可能ですが、採用活動をより強化したい時に、独立したWebサイトを作ります。採用に特化した詳細な情報を提供できるので効果的に求職者にアプローチすることが可能です。

7. オウンドメディア

企業の情報、商品やサービスの詳細情報だけではなく、独自の情報を発信したい、という目的に適したサイトです。「自社が所有する(Owned)メディア」として、ブログ形式で情報発信したり、自社で扱っている商品やサービスの分野に特化した情報を掲載したり、あるいはマーケティングのツールとして活用する情報提供サイトとして運営します。中長期的に認知度の向上や見込み顧客の醸成やファンづくりに役立つサイトです。

まとめ

Webサイトを制作する際は、だれに向けてどんな成果や効果を得たいのかを最初に考えることが重要です。目的により適したWebサイトの種類が違うため、目的に合わせてWebサイトを制作する必要があります。確実に求める成果や効果を得たいなら複数のWebサイトを制作運用することも考えましょう。

Webサイトを制作する際には、だれに見てもらいたいのか、Webサイトを通じてどんな成果や効果を得たいのかということを最初に考えることが重要です。目的によって適したWebサイトの種類が違うため、目的に合わせてWebサイトを制作する必要があるからです。また、場合によっては複数のWebサイトを制作して運用することも考えましょう。そうすることで確実に求める成果や効果を得ることにつなげられます。

Webサイト作成でお困りの企業様がいたら

Webサイト作成について「どんなWebサイトを作ったらいいかわからない」「目的をしぼりきれない」「Webサイト制作をお願いしたいけれど、どこに依頼したらいいか困っている」という企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ、株式会社クラウドシードにお任せください。クラウドシードのWebマーケティング部では、Web制作やWeb制作に関するコンサルティングも請け負っております。Web制作会社ならではのノウハウや知見を活かし、お力添えさせていただきます。お客様の課題やご要望に合わせたプランを提案させていただき、初期費用は一切いただきません。ご相談·お見積もりは無料で承っておりますので、以下よりお気軽にお問い合わせください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

ブランディングサイトとは?サイトの目的と掲載コンテンツ、作り方のポイント、制作費用の相場をお伝えします。
時計

2022/02/14

ブランディングサイトとは?サイトの目的と掲載コンテンツ、作り方のポイント、制作費用の相場をお伝えします。

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE