ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

Webサイト制作

矢印

不動産会社がWebサイトを制作する5つのメリット

時計

不動産会社がWebサイトを制作する5つのメリット

不動産会社がWebサイトを制作する5つのメリット

現在、企業のWebサイトは必要不可欠となっています。なぜなら、インターネットは生活に欠かせないものであり、情報を調べる際に活用する人が多いからです。それは、不動産情報においても同様であり、住みたい物件を探すために、スマホからネットで検索する人が主流となっています。

不動産会社でWebサイトを作ろうか迷っている方は、必ず制作することをおすすめします。なぜなら、不動産会社が他社と競争するにあたり、Webサイトは必須であり、保有することで多くのメリットを獲得することができるからです。

今回は、不動産会社がWebサイトを作る意味やメリット・デメリットについて解説します。

目次

不動産会社がWebサイトを制作する2つの意味

不動産会社がWebサイト制作をする意味は大まかにわけて2つあります。保有していないことが好ましくない理由がわかるため、ぜひ参考にしてください。

情報を探す手段がインターネット主流の社会であるため

1つ目は、情報を探す手段がインターネット主流となっているためです。

インターネットは広範囲に普及し、私たちの生活に欠かすことができないインフラとなっています。ITインフラという言葉もあるように、国民生活の基盤、必要不可欠なサービスです。何かを調べたいとき、まずはネット検索するという人は非常に多いのではないでしょうか?

物件を探す顧客も同様に、インターネットで情報を調べてその上で不動産会社のWebサイトから直接連絡するという方が増えています。もし、Webサイトがない場合、直接連絡を受けられないので、競争力が低下することになるでしょう。このように、不動産会社にとってWebサイトは必須であり、保有していないと多くの顧客を逃すので開設すべき理由のひとつです。

Webサイトは企業の名刺であり必須

2つ目は、Webサイトが企業の名刺になるからです。

多くの不動産会社は顧客のニーズに合った最適なサービスを提供し、安心して利用してもらえるように心がけています。しかし、はじめて不動産会社を利用するすべての顧客が高い信頼感を持っているかどうかはわかりません。

例えば、顧客の中には、不動産に対して怖いイメージを持っている人もいるでしょう。また、住まいは生活の中でとても大切な場所になるため、1番信頼できる業者に依頼したいと思われている方も少なくありません。

つまり、顧客の中には不安を抱きながら利用を検討する人もいるのです。もし、利用を考えている不動産会社を検索し、インターネットでWebサイトが見つからなかったら、不安感が増大する可能性があります。そのため、このような不安感を払拭するためにも不動産会社にとってWebサイトを作る意味は非常に大きいといえます。

不動産のWebサイトの種類

不動産会社が制作するWebサイトの種類は下記の3つです。

  • コーポレートサイト
  • お部屋探しサイト
  • オウンドメディア

それぞれのサイトの概要について詳しく解説しますので、どのようなWebサイトを構築すればいいのかわからない方は、ぜひチェックしてみてください。

コーポレートサイト

コーポレートサイトとは、企業情報やサービス等を掲載して情報配信を行うWebサイトです。例えば、物件を探す人が不動産会社の情報を知りたいときに閲覧します。サイトの中でお問い合わせを促すことで成約率を向上させることが可能です。また、取り扱い物件の最新情報を掲載することで、対応エリアで物件を探している人に対して有益な情報を提供することができます。

コーポレートサイトはその不動産の名刺として活用されることが多く、不動産会社が保有するWebサイトとして必須です。まず、Webサイトが何もないという方は、コーポレートサイトから制作し、そのあとに後述するWebサイトを構築するのが一般的になります。

お部屋探しサイト

お部屋探しサイトは、その名の通り不動産会社が扱う物件を紹介するWebサイトです。不動産情報サイトとは異なり、すべて自社が取り扱う物件を紹介します。

トップページに対応エリアを表示し、そこから都道府県や市町村を選択して住みたい場所から物件を検索できるようにしている不動産会社もあります。また、学校や路線・駅、条件の詳細などから物件を検索できるため、顧客のニーズに合った物件を紹介することも可能です。

お部屋探しサイトは、広範囲のエリアに物件を所有する不動産会社が開設します。不動産情報サイトへの依存性が少なくなるため、その点が大きなメリットです。

オウンドメディア

オウンドメディアでは、主に一般的な不動産情報を発信し、集客につなげるWebサイトです。

「賃貸物件 選び方」など、集客したいターゲットにあわせてキーワードを選定し、コンテンツを制作・発信することで検索エンジンからの集客を獲得できます。特に、Webマーケティングを実施し、インターネットから集客、物件の成約を獲得したい不動産会社におすすめです。

検索エンジンは、お住まいに関係なく幅広い人をターゲットにしてしまいがちですが、キーワードに地域名を入れることで対応エリアの顧客にターゲットを絞り込むこともできます。そのため、対応エリアの範囲に関係なくインターネットから集客したいすべての不動産会社におすすめです。

オウンドメディアは、単体で立ち上げることもできます。また、コーポレートサイトやお部屋探しサイトに情報発信機能を追加し、コラム記事として運用することも可能です。

不動産会社がWebサイトを制作する5つのメリット

不動産会社がWebサイトを制作するメリットは大まかにわけて5つあります。メリットを知ることでWebサイトがどれほど不動産会社にとって重要なビジネスツールであるのかを把握することができるので、ぜひチェックしてみてください。

自社をアピールすることができる

1つ目のメリットは、自社をアピールすることができる点です。

Webサイトを制作すれば、自社の強みなどをアピールすることができます。特徴や得意なことをインターネット上で公開することができるため、顧客に利用することで獲得できるメリットを感じてもらうことが可能です。

また、現在は不動産会社のWebサイトを見て直接お問い合わせするケースが増えています。従来においては、不動産情報サイトを閲覧し、仲介を通じて不動産会社に連絡が届くのが一般的だったため、Webサイト制作が意味ないケースも少なくありませんでした。しかし、現在は不動産情報サイトで物件を調べて直接インターネットから取り扱いの不動産会社を検索し、問い合わせる人が増加しているのです。つまり、Webサイトを保有しない人はユーザーがWebサイトを見つけることができないため、機会損失を被る可能性があります。

インターネット上で自社のWebサイトを保有し、アピールすることによって強みなどを公開できるだけでなく、機会損失も防ぐことができるため、大きなメリットといえるでしょう。

物件情報を差別化できる

2つ目のメリットは、物件情報を他社と差別化できる点です。

不動産会社が物件を紹介できる代表的なWebサイトとして不動産情報サイトが挙げられます。ポータルサイトといわれますが、物件の写真や情報を追加するだけでインターネット上に公開することができるので、非常に便利なWebサイトです。そのため、不動産会社の担当者の中には、自社独自のWebサイトを作る意味はあるの?と疑問に思われる方もいるでしょう。

一般的にポータルサイトは、掲載者側に一定のルールを設けているため、それに従って情報を追加・更新します。そのため、他社と同じような内容になってしまい差別化を図ることができません。自社独自のWebサイトを制作すれば、そのようなルールに左右されず“掲載したいこと”を自由に公開することができます。そのため、オリジナリティあふれる情報を配信できるという点にメリットを感じる方もいるのではないでしょうか?

Webマーケティングを実施して集客できる

3つ目のメリットは、Webマーケティングができることです。

不動産会社がWebサイトから情報配信することでGoogleなどのオーガニック検索からユーザーの流入を狙えます。そこから問い合わせを促すことで物件の成約を獲得できる可能性があるでしょう。

Webマーケティングを実施するためには、Webサイトを立ち上げるだけでなく、情報配信が重要になります。そのため、Webサイトに加えてコラム記事を公開できる場所をWebサイト内に構築する必要がありますが、それさえできれば検索エンジンから顧客を獲得できるので大きなメリットになるでしょう。

顧客と距離の近いコミュニケーションが可能

4つ目のメリットは、不動産会社は顧客と近い距離でコミュニケーションを取れることです。

不動産会社がSUMMOなどのポータルサイトを利用する場合、仲介を挟んで顧客と連絡を取ることになります。そのため、顧客と距離が遠く信頼関係を作りづらいという点がデメリットです。

しかし、不動産会社がWebサイトを保有し、そこから問い合わせを受け付けることで、直接チャットやメール、電話からやり取りすることができるようになります。Webサイトのほうが親密な関係性を築きやすくなるため、不動産会社に大きなメリットがあるでしょう。

ポータルサイトの手数料がかからない

5つ目のメリットは、Webサイトから集客できればポータルサイトの手数料がかからないことです。

SUMMOなどを利用して情報を掲載する場合、物件あたり数万円の費用がかかります。基本的に、不動産会社は複数の物件を保有するため、すべてを掲載するとなると費用も高くなりがちです。

一方、不動産会社のWebサイトは掲載料がかかりません。例えば、100件掲載したとしても無料となります。そのため、コストを大幅に削減することが可能です。

しかし、自社のWebサイトを立ち上げたあと、すぐにポータルサイトの掲載を止めるのではなく、両立して使用するのがおすすめです。また、コストを抑えたい不動産会社はポータルサイトの掲載量を減らし、自社のWebサイトに移行させることで経費を削減できます。

不動産会社がWebサイト制作によって起こるデメリット

不動産会社がWebサイトを構築することによって得られるメリットは多く、作る意味は大きいと感じている方も少なくないでしょう。一方で、制作によって起こるデメリットもいくつか存在します。Webサイト制作を検討している不動産会社の担当者があらかじめ把握しておくことで、予算や運営体制の準備がしやすくなるので、ぜひ参考にしてください。

構築・運営費用がかかる

Webサイト制作・運用には、構築・運営費用がかかります。

先ほど述べた通り、不動産会社がWebサイト制作をすれば、ポータルサイトにかかる掲載料を抑えられますが、すべて無料でWebサイトを運用できるわけではありません。基本的に、Webサイト運営には下記のような費用が必要です。

  • Webサイト構築費用
  • サーバー代
  • ドメイン利用料金
  • 保守費用

特に、構築費用やサーバー、ドメインの利用料金は必須となります。不動産会社がWebサイトを構築するためには、制作会社に構築を委託しなければなりません。不動産会社が独自で開発をする場合、エンジニアなどを確保しなければならないため、外注するよりも費用が高くなります。

また、サーバーやドメインの利用料金は、必須の費用です。契約方法などがわからない場合、Webサイト制作を委託する開発企業に任せることもできます。

運営・保守費用は、それぞれの不動産会社で異なるでしょう。例えば、Webマーケティングを実施するために記事作成を依頼したいという不動産会社は、Web制作会社の運用代行を利用します。

このように、不動産会社がWebサイトを制作する場合、費用がかかるため、その点はデメリットになるでしょう。

長期スパンで取り組む必要がある

不動産会社がWebサイトを構築したらすぐに集客効果を得られるわけではありません。

情報を発信するだけのWebサイトであれば、公開することによって発信が可能です。しかし、Webマーケティングを実施する場合、コンテンツ制作等が必要になるため、ある程度の時間がかかります。また、効果を得るためには、検索エンジンから一定の評価を得なければなりません。そのため、さらに期間が必要です。

不動産会社がWebサイトで集客効果を得るためには、長期スパンで取り組むことが重要になります。構築後、すぐに効果を得ることは難しいため、その点を把握した上で構築をするのがおすすめです。

まとめ

今回は、不動産会社がWebサイトを制作する意味やメリット・デメリットについて詳しく解説しました。不動産会社がWebサイトを保有しないことで、機会損失などが発生し、効率的に集客することが難しくなります。そのため、まだ構築したことがないという不動産会社は、すぐにシステム会社へ依頼するのがおすすめです。

不動産会社がWebサイト制作を依頼するなら株式会社クラウドシードがおすすめです。株式会社クラウドシードは、コーポレートサイトはもちろんのこと、オウンドメディア開発、ポータルサイト開発などの実績が豊富にある開発企業になります。また、Webサイトの運営代行等にも対応することができるため、Webサイトに集客の役割も持たせたいという不動産会社も依頼可能です。株式会社クラウドシードならWebサイトの構築から運用まで一括で依頼することができるので、興味のある担当者様は、下記のお問い合わせからお気軽にご相談ください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

Webサイト作成において、制作費以外にかかる費用とは? 維持費・管理費・運用費の詳細と相場をお伝えします
時計

2022/02/07

Webサイト作成において、制作費以外にかかる費用とは? 維持費・管理費・運用費の詳細と相場をお伝えします

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE