ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

MEO対策

矢印

【不動産会社のMEO対策】対策で得られる7つの効果を具体的に解説

時計

【不動産会社のMEO対策】対策で得られる7つの効果を具体的に解説

【不動産会社のMEO対策】対策で得られる7つの効果を具体的に解説

こんにちは。株式会社クラウドシード、Webマーケティング部です。

MEO対策の重要性はだんだん高まってきていますが、対策に取り組めている不動産会社は多くありません。
以下のような内容でMEO対策やWeb集客にお悩みの不動産会社もまだまだ多く、その影響で普及が進んでいないかと考えております。

  • 「不動産会社がMEO対策を行う必要性がわからない」
  • 「MEO対策で、本当に集客効果を得られるのか不安」
  • 「対策の仕方や、費用がどれくらいかかるのかわからない」
  • 「MEO対策自体は知っているが、なかなか上位表示されない」

しかし、結論から言えば、不動産会社にMEO対策は必須です。地域密着型サービスに該当する不動産関連はMEO対策との相性が非常に良く、適切に取り組む事ができれば効果がわかりやすく表れる業種なのです。

そこで、本記事では不動産会社とMEO対策の相性がなぜ良いのか・MEO対策を行う事で得られる具体的な効果をご紹介します。
MEO対策への取り組みに悩んでいる企業様は、ぜひ確認してみてください。

目次

MEO対策とは

MEO対策とは

MEO対策とは、具体的には検索を行ったユーザーがGoogleマップ上で目的地を探す際、自社の店舗を優先的に表示させるようにする取り組みのことで、いわばWeb集客の手段の一つです。

「どこを通るのが最短か」「付近にどんな飲食店があるのか」を、その場や地域を限定して検索した際、たとえマップアプリを開いていなくてもグーグルマップ上に付近の検索対象となる実店舗が表示されますよね。この検索結果に、自社店舗を優先的に表示させる施策がMEO対策です。

実店舗を中心にビジネスを行っている企業が、MEO対策を行うメリットを受けられる企業となります。うまく活用することで、消費者が「サービスを利用したい」と思ったタイミングに、検索を通じて店舗への誘導を行い、消費行動に繋げることができるからです。

MEOの有効性は年々上がってきているにもかかわらず、まだ未展開・未対策の企業も多いため、今から対策することで競合に差をつける事がでる施策です。周りが手を付けていないからと何も対策を進めないままでいると、どんどん競合に先を越されてしまう可能性も十分にあります。

MEO対策に関して、詳しくはこちらの記事で解説しています。
≫MEO対策とは?SEOとの違いや、対策を行うメリット・デメリットを解説

 

MEO対策が重要な不動産業界の例

ハウスメーカー・不動産仲介業者・住宅販売会社など

実店舗を中心に商品やサービスの提供を行っているのであれば、どのような商品やサービスを展開していてもMEO対策を行う事が可能です。

※もちろん、実店舗を中心に経営されている住宅リフォーム関連業種もMEO対策との相性は最高です。ただし、本記事ではハウスメーカー・不動産仲介業者・住宅販売会社を中心に取り上げ、リフォーム関連業種については別の記事で紹介させていただきます。

≫リフォーム業界のMEOに関する詳しい記事はこちら

不動産会社とMEO対策との相性は?

「住宅を建てたい・買いたい」という際には、たいてい購入した土地や建設を行いたい地域、所有している住宅近隣の業者から依頼先を探します。

また、物件探しのために不動産仲介業者を探す際には、引っ越しを検討している地域周辺の業者のほうが物件に詳しいと考え、「引っ越し先地域×不動産仲介」などで検索されやすいです。

こういった、地域を含めて検索するユーザーが多い業界は、MEOの需要が非常に高いです。その点、地域密着型のサービスを提供している不動産関連の業種は相性が抜群とも言えます。

また、対策キーワードが豊富に存在する業種であることは非常に有利です。選定するキーワードによっては、小規模であってもユーザーのニーズを満たし、その地域内では大手企業よりも注目を集めるといったことも不可能ではありません。

不動産会社がMEO対策で得られる効果

不動産会社がMEO対策で得られる効果

低コストで効果の高いWeb集客が行える

不動産会社のWeb集客手段として、リスティング広告の打ち出しやSEO対策はもちろんですが、大手ポータルサイトの利用が普及しています。しかし、これらにはもちろんコストが発生します。

リスティング広告はもちろん広告掲載費用が必要になりますし、SEO対策に関しても、完全自社で運用するのであれば手間や時間を必要とします。業者に運用代行を任せる場合には手数料も発生します。

また、大手ポータルサイトの掲載手数料も大きく、値上がり傾向にあります。その種類も様々で、より効果的に集客を狙って上位表示を行うには、高額な料金プランへの契約が必要という事も多いですよね。

しかし、MEO対策を行う際に活用するGoogleマイビジネスへの登録は無料です。自社運用を行う場合、実質無料で運用を行う事ができます。

MEO対策を業者に依頼する場合にも、相場は~5万円/月となっており、比較的リーズナブルです。費用が安い為、本当に効果を得られるのと心配に思う方もいらっしゃるかもしれませんが、効果は早ければ1~3カ月以内に表れます。

無料で始められ外注も安価に行えるMEO対策は、コストパフォーマンスの側面からも、非常にオススメできます。

SEO対策の自然検索よりも上位に表示される

MEO対策で上位3位以内に表示されるようになると、Webサイト(企業HPやポータルサイトなどを指します)などのSEO対策で検索上位に表示されているサイトよりも上位に表示されるようになります。

「大阪×不動産」と検索した場合を見てみましょう。

  • 赤枠:MEO対策で検索順位を操作することができる、Googleマップの検索上位が表示されている場所
  • 青枠:SEO対策で掲載順位を操作できる、自然検索結果が表示されている場所
SEO対策の自然検索よりも上位に表示される

このように、HPやポータルサイトなどのWEBコンテンツはどんなに効果のあるSEO対策を行って検索順位1位を獲得したとしても、Googleマップの検索結果よりも下に表示されてしまうのです。

また、ユーザーは上部に表示される情報を積極的に確認する傾向が非常に強く、クリック率も上位に表示されるほど跳ね上がります。つまり、MEO対策を行って上部に表示を狙う方が、自社に関心を持ってもらえる機会を高められるのです。

自店舗への来店数アップを見込める

「地域名×〇〇」などで検索を行うユーザーは、直近その地域を訪れる可能性が非常に高いユーザーです。

「地域名×不動産」「地域名×物件」といった検索をするユーザーは、そのサービスを受ける気持ちはほとんど固まっているけれど、どこでそのサービスを受けるかはまだ決まっていないというユーザーです。

MEO対策をしっかり行う事で、このような不動産会社への訪問の見込みが高いユーザーの目に留まる機会が増えます。つまり、訪問の可能性が高いユーザーに対して、効果的なアピールを行う事ができるのです。

このことから、MEOの集客効果は非常に高いと言われており、来店数アップに直結させる事が可能とされています。

また、不動産関連業種は、地域に根差したサービスとも言えます。

顧客は引っ越したい地域をある程度決めたら、「住みたい周辺の不動産会社のほうが詳しいだろう」と考慮して、引っ越し先近辺からサービスを提供できる会社を探す傾向にあります。そのため、「地域名×不動産」などの地域と絡めた検索を行う可能性が高いという点で、地域密着型サービスを提供している不動産関連業種は、MEO対策の集客効果を発揮しやすいという利点があるのです。

SEOやポータルサイトと比べ、競合が少ない

MEO対策は、競合が周辺の同業種に絞られます。そのため、SEOやポータルサイトと比較しても競合が少なく、検索上位を狙える可能性が非常に高いです。

MEO対策・SEO対策・ポータルサイトの競合を比較すると、次のようになります。

  • MEO対策
    周辺地域内の同業種での上位争いとなる。
  • SEO対策
    地域問わず多くのWebサイトが上位争うに参加しているため、全国が競合状態。メジャーなキーワードはポータルサイトや大手企業などのSEO対策に力を入れているサイトが上位表示されている事が多く、なかなか効果を得にくい。
  • ポータルサイト
    掲載料金の支払額によって表示順位の変動がある場合も多く、ある程度まとまった費用を投入しないと検索結果から埋もれる事が多い。また、競合他社と羅列されるため、ユーザーが分散しやすい。

SEO対策は地域を問わないため、その分競合の数は膨大となります。ポータルサイトの場合は地域を絞って検索を行う事も可能ですが、掲載料金を多く支払っている物件ほどが上位に表示される事も多く、上位表示させるには多額の掲載料が必要になってしまいます。

その一方で、MEO対策は絞った地域内での上位表示争いになるため、今からMEO対策を始めるという場合であっても、上位表示を狙える可能性は十分にあるのです。

まだMEO対策を行えている不動産会社が少ないことも影響しているのですが、事務所や店舗が位置する地域によっては、「Googleマイビジネスの登録」と「Webサイトの作成」を済ませるだけで、特定のキーワードの検索結果で自店舗が上位表示されるということも起こり得る状況です。

対策キーワードが豊富にあり、競合と差をつけやすい

いくらMEO対策では競合が絞られて少なくなるとはいえ、競合との差別化を怠ってはいけません。

MEO対策を用いて競合との差別化をする際において、大切なのはキーワードの選定になります。

サービスや業種によっては対策できるキーワードが少なく差別化に苦労するのですが、不動産会社に関してはキーワードが豊富であるため、そこまで困りません。

例えば、不動産仲介会社に関するキーワードだけでも、次のように種類は豊富です。

  • 「地域名×物件」
  • 「地域名×賃貸」
  • 「地域名×物件紹介」
  • 「地域名×ワンルーム」

他にも対策キーワードの種類は考えられますし、ニッチなキーワードで共同他社と狙う顧客を差別化する事も可能です。

このように、「地域名×物件」のように検索数の多いキーワードで多くの顧客にアピールする事も、検索ボリュームが少ないキーワードで着実に検索上位を取りに行く事もできるのです。

顧客の指標となる口コミを集め、来店数に繋げられる

顧客の指標となる口コミを集め、来店数に繋げられる

「不動産会社の口コミをチェックする際、顧客はどこで口コミを閲覧しているのか」という調査を、2021年に株式会社フェアチュアルが行いました。(参考サイト

結果は、以下のように発表されています。

・大手ポータルサイト:37.3%
・Googleマップ:32.1%

このように、業者名や気になる地域の不動産会社を検索するだけですぐに口コミを閲覧できるGoogleマップは、無視できないくらいの規模で存在しているのです。

MEO対策を行う上で、口コミ対策は欠かせません。Googleマイビジネスの口コミやレビューを増やす施策を行う事で口コミを増やすことができます。ネガティブな口コミが与えるマイナスな影響も、丁寧な返信を行う事で和らげる事ができます。

また、口コミ対策をしていない状態だと「不満を持ったお客様が優先的に低い評価で書きこみやすい」という傾向から、印象の悪い口コミばかり集まってしまうという傾向もあります。そのため、MEO対策を怠って口コミを放置していると、気づかないうちに店舗の評判が下がっていたという事態に発展する可能性もあり得るのです。

最大約3割程度の顧客の判断基準になっているGoogleマップの口コミも、MEO対策の一環として管理できるのです。

短期間で効果を得られやすい

MEO対策は、SEO対策に比べて上位表示までの期間がかなり短い傾向があります。

SEO対策はサイトの内部構造を整えたり、質や専門性の高いコンテンツを追加したりと、サイト全体に施策を行う必要があります。このために、手間はもちろん時間も必要とします。SEO対策は、対策を初めてから上位表示されるまでに通常半年~1年ほどの時間が必要だとされているのです。

それに比べて、MEO対策の場合は1週間~半年程度で上位表示ができる可能性が高いです。もちろん、エリア内の競合が少なければ少ないほど、即効性を発揮する事ができます。

最後に

以上では、不動産会社とMEO対策の相性や、MEO対策を行う事で得られる効果を解説してきました。MEO対策を行う事で多大なメリットを得られる事は、以上の説明で十分にご理解いただけたかと思います。

自社内であれば完全無料取り組めますので、まずはチャレンジしてみてくださいね。

MEO対策で悩んでいる不動産会社様がいたら

それでも、
「運用方法がよくわからない」
「運用を行ってみたけれど、上位表示されない」
「運用代行をお願いしたいけれど、どこに依頼したらいいか困っている」
という不動産会社様がいらっしゃいましたら、株式会社クラウドシードにお任せください。

クラウドシードのWebマーケティング部では、MEO対策のコンサルティングや運用代行を請け負っております。Web制作会社ならではのノウハウや知見を活かし、お力添えさせていただけます。

お客様の課題やご要望に合わせたプランを提案させていただき、初期費用は一切いただきません。
ご相談・お見積りは無料で承っておりますので、以下よりお気軽にお問合せください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

【MEO対策】「効果的にMEO対策をするには?」MEOで上位表示されるためのポイント
時計

2021/12/07

【MEO対策】「効果的にMEO対策をするには?」MEOで上位表示されるためのポイント

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE