ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

Webサイト制作

矢印

不動産会社がWebサイト制作をする際の制作会社の選び方

時計

不動産会社がWebサイト制作をする際の制作会社の選び方

不動産会社がWebサイト制作をする際の制作会社の選び方

不動産会社がWebサイトを開設する方法は、『自社制作』と『制作会社に委託』の2種類にわけられます。前者の場合、Webサイトの構築技術が必要になるため、不動産会社が自力で開設することは難しいです。そのため、制作会社に外注してWebサイトを開設する不動産会社が多くなっています。

制作会社への依頼を検討している担当者様の中には、自社に適した制作会社をどのように選べばいいのかわからないという方もいるのではないでしょうか?実際に、制作会社は複数あり、それぞれの制作会社で特徴が異なります。もし、制作会社の選択に失敗すると、イメージとは違うデザインのWebサイトが出来上がってしまったり、大きな費用負担を背負わなければならなかったりする可能性もあるでしょう。そのため、事前に選び方を把握しておくと役立ちます。

そこで、今回は不動産会社がWebサイト制作をするときの制作会社の選び方や失敗しないためのポイントについて解説します。

目次

不動産会社に役立つWeb制作会社の選び方5選

はじめに、不動産会社が知っておきたいWeb制作会社の選び方を5つご紹介します。選び方を把握することで担当者様はどのような制作会社に依頼すればいいのかわかるので、ぜひ参考にしてください。

デザインのクオリティ

1つ目は、デザインのクオリティの高さです。

Webサイトにおいて、デザイン性は重要な要素のひとつに挙げられます。なぜなら、デザイン性の高いWebサイトは、訪問者に印象付けることができるため、再度アクセスしてもらえる可能性が増えるからです。

また、デザイン性が高い場合、不動産会社に対するイメージも良くなるため、それがユーザーにとって安心感に変わります。お問い合わせに躊躇する顧客が少なくなるなどのメリットがあるため、制作会社を選ぶ際の重要なポイントです。

コミュニケーションの取りやすさ

2つ目は、コミュニケーションが取りやすいかどうかです。

Webサイト制作を委託する場合、基本的には真っ白な状態からデザインを作り上げていきます。どのようなWebサイトでもいいと考える不動産会社は少なく、自社の特徴やこだわりをデザインに反映させたいと考える方が多いのではないでしょうか。

イメージ通りのWebサイトを制作してもらうために、不動産会社は反映してほしい要素を細かく制作会社に伝える必要があります。そのため、コミュニケーションがとても重要になってくるのです。

もし、話しやすい相手なら、細かい要望を伝えやすく、イメージ通りにデザインに仕上がる可能性があります。そのため、不動産会社が制作会社を選ぶ際に外せないポイントのひとつです。

集客に関する知識の有無

3つ目は、集客に関する知識があるかどうかです。

不動産会社の多くは、Webサイトを立ち上げたあと、集客効果も得たいと考える人は少なくでしょう。現在、インターネットは私たちの生活に欠かせないものとなっています。実際に、不動産会社のWebサイトから内覧を申し込む人も多く、せっかくなら開設後に集客効果も獲得したいと考えるのが一般的です。

集客の知識の有無は、制作会社によって大きく変化します。そのため、選ぶときは運用実績などを確認して集客のサポートも受けられそうな制作会社を選択するのがおすすめです。

制作実績

4つ目は、制作実績です。

制作実績を確認することで、どのようなWebサイト制作に対応しているのか知ることができます。例えば、制作会社の中にはコーポレートサイトやブランディングサイトなど複数のWebサイト制作に対応しているところもあります。そのような制作会社を選べば、十分な知識やスキルがあるだけでなく、不動産会社のニーズに合ったWeb制作を実現することができるでしょう。

運用のサポートの有無

5つ目は、運用サポートの有無です。

Webサイト制作の目的は不動産会社によっても異なりますが、“開設のみ”というところは少ないでしょう。先ほどもご説明した通り、不動産会社のWebサイトに集客効果を求める人も多いため、開設後にはしっかりと運用していくことが求められます。そのため、制作会社を選ぶときは、運用サポートがあるところを選択するのがおすすめです。

例えば、運用サポートがあることで、イベントページの作成やプレスリリースの情報発信を制作会社に委託することができます。これにより、不動産会社は自社で対応しなくても済むため、コア業務に集中することが可能です。

また、サポート体制があると運用後にわからないことを聞きやすいというメリットもあります。そのため、どのような運用サポートを提供しているのか十分に確認してから制作会社に依頼するのがおすすめです。

不動産会社がWeb制作会社へ外注するときに失敗しないためのポイント

不動産会社がWebサイト制作を制作会社に委託するとき、どのようなポイントを意識することで失敗を抑制できるのでしょうか?具体的に、失敗しないためのポイントを詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

価格だけで外注先を決めない

1つ目のポイントは、価格だけで外注先を決めないことです。

費用を抑えたいと考える不動産会社の中には、価格が安いところに魅力を感じてしまう方も少なくありません。たしかに、価格が安い制作会社は、費用負担が少ないため、不動産会社にとって大きなメリットがあります。しかし、安さばかりを意識しているとかえって損をしてしまうケースもあるのです。

基本的に価格の安い制作会社は、人件費を削減して対応しています。もちろん、対応できるIT人材が減れば減るほど、対応できる作業量も少なくなるため、テンプレートを使いまわしたりして、Webサイトを制作せざるを得ません。そのため、オリジナリティが薄れてしまい、他社との差別化ができなくなります。

また、Webサイト制作は、ただデザインを作り上げるだけでなく、集客効果も得られる構造を採用し、構築することが重要です。価格の安い制作会社の中には、SEOを意識せずに制作されるケースもあるため、結果的に費用対効果が悪くなります。そのため、価格だけを意識すると失敗するため、必ず制作内容と比較して選択することが重要です。

Webサイト制作の目的を明確にする

2つ目のポイントは、Webサイト制作の目的を明確にすることです。

目的を明確にせず外注してしまうと、失敗するリスクが大幅に高くなります。その理由は、不動産会社がWebサイトにどのような成果を求めるかによって設計やデザイン、コンテンツが異なるからです。

失敗しないためにも制作を依頼する前になぜWebサイトが必要なのか不動産会社の担当者様は考える必要があります。目的が明確になると制作会社に対してWebサイトを開設したい背景などを伝えることができるため、制作会社側も意図を汲み取りやすいです。要望を設計やデザインに反映させやすくなるので、失敗するリスクを下げられるでしょう。

Webサイト公開後のことも考えて依頼する

3つ目のポイントは、Webサイト公開後のことも考えて依頼することです。

例えば、公開後に集客をしたいと思われている不動産会社も多いですが、どのように集客するのかを具体的に検討する必要があります。例えば、コンテンツマーケティングで集客をするのであれば、Webサイトの中にコラムを発信できる構造を採用しなければなりません。

制作完了後にコラム記事を掲載する場所がないとコンテンツマーケティングを実行することができないので、Webサイトの構造が要望に沿っておらず失敗になるケースもあります。このように、運用後のことを考えることで、それをWebサイトの構造に反映させられるため、失敗を抑えることができるでしょう。

不動産会社がWebサイト制作の外注を成功させるための5つの準備

不動産会社がWebサイト制作の外注を成功させるための準備は5つあります。それぞれの準備について詳しく解説しますので、ぜひチェックしてみてください。

Webサイト制作の目的と具体的なターゲットを決める

目的やターゲットを決めた上で依頼するようにします。

不動産会社がWebサイト制作をする目的としては、下記のような例を挙げることができます。

  • 不動産会社のブランディングのため
  • 物件を紹介し、認知度を向上させるため
  • リピーターを増やすため
  • 新規顧客獲得など

また、不動産会社のWebサイトのターゲット例は下記です。

  • 賃貸物件を借りたい・貸したい方
  • 物件を購入したい人
  • 土地や物件を売りたい方など

それぞれの不動産会社でWebサイト制作の目的やターゲットを具体化し、そのあとに制作会社へ依頼するようにしましょう。

ロゴやメインカラー・ベースカラーを事前に決める

不動産会社は制作会社に依頼する前にロゴやメインカラー・ベースカラーを決めます。

ロゴは不動産会社のシンボルです。すでに不動産会社の自社ロゴがある場合は、それをWebサイトのロゴに使用するケースが多くなります。

また、メインカラー・ベースカラーはWebサイトで使われる割合が多い配色です。メインカラーはWebサイトの25%、ベースカラーは70%となります。ベースカラーは背景や余白に使用される色です。一方、メインカラーはサイトのイメージとなる色を意味します。特に重要なのがメインカラーであり、どのような色を使用するのかによって印象が大きく変化するため、Webサイトデザインにおいて重要なポイントです。

予算を設定する

予算を設定し、それに合った制作会社に依頼するようにしましょう。

不動産会社によってかけられる予算は異なります。予算を事前に決めることで、機能やサービスの提案がしやすくなるので、事前に社内で話し合って決めるのがおすすめです。

納期を決める

いつまでに制作を完了させたいのかを事前に決める必要があります。

基本的に制作会社は複数の案件を掛け持ちして対応しているケースが多いです。そのため、納期を決めずに依頼してしまうと納期が明確に決められているほかの案件を優先して進めてしまうところもあるため、出来上がりが遅くなる可能性もあります。

事前に納期を決めることで、スケジュールを意識して制作してもらうことができるようになるのでおすすめです。

不動産会社のWebサイトのページ数を決める

不動産会社のWebサイトのページ数を決めます。

ページ数は予算にも大きく影響するため、何ページ制作を依頼するのかを決めておくのがおすすめです。自社に必要なコンテンツは何かを考えてページ数を決定し、依頼するようにしましょう。

Webサイト制作を制作会社に外注したときの具体的な制作の流れ

Webサイト制作を制作会社に依頼した際の具体的な流れは下記の通りです。

  • ・要件定義
  • ・Webサイト設計
  • ・ページデザインの制作
  • ・コーディング
  • ・テスト

それぞれの制作フローについてわかりやすく解説します。

要件定義

まず、要件定義を行います。

要件定義は、不動産会社のWebサイトを具体的にどのようなデザインにするのか、どのような機能を搭載するのかについて話し合う工程です。このときに、制作の目的や不動産会社が集客したいターゲットを制作会社と共有します。

Webサイト設計

ヒアリングをもとに不動産会社のWebサイトを設計します。構造設計といわれることも多いです。

Webサイト設計では、簡単に表現するとWebサイトの土台を作ります。不動産会社と制作会社の間で話し合った内容をもとに、ターゲットや目的に沿って設計を行うのが一般的です。また、集客効果を高めるためにGoogleの検索エンジンに最適化することも考えられます。

ページデザインの制作

次は、ページデザインの制作です。

デザインソフトを用いてページデザインを制作します。例えば、トップページの画像やロゴなどの制作がページデザイン制作です。

コーディング

コーディングを行い、不動産会社のWebサイトを構築します。

HTMLを使用することで、Webサイトのページ内の情報を構造化、見出しなどを明確化することが可能です。また、CSSを用いてデザインの装飾を行います。

機能面においては、PHPやJavaScriptなどを使用することが多いです。フロントエンド開発はJavaScript、サーバーサイドはPHPを用い、Webサイトを構築していくという流れが一例として挙げられます。

テスト

最後はテストです。

テストでは、設計通りに不動産会社のWebサイトが完成しているか、不動産会社の要望が反映されているかなどをチェックします。不動産会社と打ち合わせを行い、修正箇所など指摘があれば、変更を加えて改善を行うケースが多いです。また、修正内容によっては追加費用が発生するケースもあります。

不動産会社が制作内容に納得することができれば、検収完了となります。その後に、不動産会社のホームページがインターネット上に公開されるという流れです。

まとめ

今回は、不動産会社がWebサイト制作をする際の制作会社の選び方や失敗しないためのポイントについて解説しました。不動産会社が制作会社を間違えて選択してしまうと費用対効果が悪くなったり、イメージ通りのWebサイトに仕上がらなかったりする可能性もあります。そのため、必ず選び方や失敗しないためのポイントを把握した上で選択するようにしましょう。

不動産会社に精通している制作会社に依頼したいという方は、株式会社クラウドシードがおすすめです。株式会社クラウドシートは、不動産業界に精通したディレクターやデザイナーがチームを組み、不動産会社に最適な提案を行っています。また、ブランディングやマーケティングの実績も豊富にあるため、運用面もサポートしてもらうことが可能です。Webサイト制作から運用までトータルサポートを受けたい不動産会社は、下記のお問い合わせからお気軽にご相談ください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

Webサイト作成において、制作費以外にかかる費用とは? 維持費・管理費・運用費の詳細と相場をお伝えします
時計

2022/02/07

Webサイト作成において、制作費以外にかかる費用とは? 維持費・管理費・運用費の詳細と相場をお伝えします

ブランディングサイトとは?サイトの目的と掲載コンテンツ、作り方のポイント、制作費用の相場をお伝えします。
時計

2022/02/14

ブランディングサイトとは?サイトの目的と掲載コンテンツ、作り方のポイント、制作費用の相場をお伝えします。

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE