ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

Webサイト制作

矢印

Webサイト制作の注意点 企画段階でやってはいけない3つのこと

時計

Webサイト制作の注意点 企画段階でやってはいけない3つのこと

Webサイト制作の注意点 企画段階でやってはいけない3つのこと

こんにちは。株式会社クラウドシード、Webマーケティング部です。

企業にとってWebサイトは、企業の情報や扱っている商品やサービス内容を伝えるだけではなく、広告、販売、集客や採用などの手段になっており、企業の社会におけるコミュニケーションツールとして無くてはならないものです。

しかしながら、せっかくWebサイトを制作しても、全く役に立たないものを作ってしまっては意味がありません。Webサイト制作における失敗を避けるために、しっかりとポイントを押さえて制作していくことが大切です。

この記事では、Webサイト制作の企画段階で、やってはいけない3つのことについて解説します。これからWebサイトを制作される方は、ぜひ参考にしてください。

目次

1.Webサイトの目的を明確にしないまま企画を進めてしまう

Webサイトの目的を明確にしないまま企画を進めてしまう

Webサイトを制作しようと企画を立ち上げる時に、一番多い失敗がWebサイトの目的を明確にしないまま企画を進めてしまうことです。

Webサイトを制作する時には、「ユーザーにサイトを見てどうしてもらいたいのか」という目的を明確に決めることが必要です。

「Webサイトのデザインをかっこいいものにしたい」や「企業の魅力が伝わるWebサイトにしたい」といった曖昧な目的ではなく、より具体的な目的を設定することが大切です。

  • ・「Webサイトを通じて問い合わせ件数を増やしたい」
  • ・「Webサイトを通じて予約件数を増やしたい」
  • ・「Webサイトを通じて資料請求を増やしたい」

など、より具体的に目的を設定しましょう。

2.Webサイトのターゲットを明確にしないまま企画を進めてしまう

Webサイトのターゲットを明確にしないまま企画を進めてしまう

Webサイトを誰に見てもらいたいのか定めないまま、企画を進めてしまうということも意外とよくやってしまう失敗です。ターゲットが曖昧なままWebサイトを制作してしまうと、ターゲットユーザーに向いていないデザインのWebサイトを制作してしまったり、Webサイトのコンテンツがターゲットユーザーに合わない不自然なものになってしまったりしてしまいます。

そうならないために、「Webサイトを誰に見てもらいたいのか」、「誰に情報を届けたいのか」ということを企画段階からきちんと決めておきましょう。自社の商品やサービスが、どのような層に向けたものなのかというマーケティング戦略に沿った形で、Webサイトを制作していくことが大切です。

ターゲットを決める場合に大切なことは、なるべく具体的なユーザー像を設定することです。年齢や性別だけではなく、趣味嗜好やライフスタイル、価値観などまで具体的に設定しましょう。ただし、年齢や性別などの属性が一緒でも、職業が違うと、経済状態が違い、欲しい商品やサービスが変わってきます。そのため、ターゲットとして、よりリアリティのある具体的な人物像(ペルソナ)を設定することが有効です。

ペルソナは主に以下の情報を設定して作っていきます。

  • ・性別
  • ・年齢
  • ・職業/役職
  • ・年収
  • ・通勤時間
  • ・配偶者の有無
  • ・子どもの有無
  • ・居住地
  • ・趣味
  • ・利用しているSNS
  • ・情報収集源
  • ・映画や雑誌の好み

など、ターゲットは、詳細に具体的な人物像を設定しましょう。

3.Webサイトの目標数値を決めないで企画を進めてしまう

Webサイトの目標数値を決めないで企画を進めてしまう

企画段階でやってはいけないことの3つめは目標数値を決めずに進めてしまうことです。Webサイトは公開して終わりではなく、適切に運用してはじめて効果が出てくるものです。指針となる目標数値を決めて運用をすることが大切です。

目標数値を設定しないまま進めてしまうと、具体的な施策につなげることができないので、Webサイトを放置してしまうことになりかねません。Webサイトの企画段階からしっかりと目標数値を定めておくことが重要です。

目標数値を設定する主な指標は以下の通りです。

  • ・お問合せ数や資料請求、あるいは予約数といった、サイトの目的の達成数字
  • ・サイトを閲覧した人の数(UU数:ユニークユーザー数)の達成数字
  • ・閲覧されたページの数(PV数:ページレビュー)の達成数字
  • ・滞在時間(ユーザーがサイトを見ていた時間)の達成数字

などの目標数値を設定しましょう。

ただし、Webサイトの運用は、すぐに成果が出るものではありません。目標数値を設定したら、実際の数字を見ながら「何が足りなかったのだろう」「どのように改善すべきだろう」と考えながら、長期的にPDCAを回していくことが大切です。

まとめ

Webサイトの企画を立ち上げる際に、やってはいけない3つのこと

この記事ではWebサイトの企画を立ち上げる際に、やってはいけない3つのことについて紹介しました。

企画段階から、Webサイトの目的、ターゲットを明確にし、サイトの目標数値をしっかり決めておくことが、Webサイト制作で失敗しないポイントになります。

また、これらのポイントを押さえておけば、Web制作を依頼する制作会社との打ち合わせもスムーズに進めることができ、よりよいWebサイトを制作することにつながります。

これからWebサイトを制作する方は、ぜひ、参考にしてください。

Webサイト作成でお困りの企業様がいたら

Webサイト作成について「どんなWebサイトを作ったらいいかわからない」「Webサイト制作をお願いしたいけれど、どこに依頼したらいいか困っている」という企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ、株式会社クラウドシードにお任せください。

クラウドシードではWebサイト制作に加え、Webサイトの維持管理、運用に関するコンサルティングも請け負っております。Web制作会社ならではのノウハウや知見を活かし、お力添えさせていただきます。お客様の課題やご要望に合わせたプランを提案させていただき、初期費用は一切いただきません。ご相談・お見積もりは無料で承っておりますので、以下よりお気軽にお問い合わせください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

Webサイト制作を依頼すると、どんな流れで進めていくの? 外注で失敗しない準備のポイントもお伝えします
時計

2022/03/28

Webサイト制作を依頼すると、どんな流れで進めていくの? 外注で失敗しない準備のポイントもお伝えします

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE