ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

Webサイト制作

矢印

美容室のホームページ制作の重要性や制作時のポイント

時計

美容室のホームページ制作の重要性や制作時のポイント

美容室のホームページ制作の重要性や制作時のポイント

美容室を経営する前に検討すべき点は数多くありますが、その中のひとつにホームページ制作が挙げられます。ホームページ制作は、Webから集客したいと考える美容室にとって必須です。しかし、オーナー様の中には、なぜホームページ制作をすべきなのかわからないという人も少なくないでしょう。

一般的に、ホームページ制作はシステム開発会社等に委託することになるため、費用がかかります。また、単に制作して終わりというものではなく、正しく運用することが求められるため、ハードルが高いと感じてしまうオーナー様も多いです。

しかし、美容室の集客をスムーズに行いたい方は、ホームページ制作をするのがおすすめです。そこで、今回は美容室が知っておきたいホームページ制作の重要性や制作時に意識したいポイント、掲載すべき項目について解説します。

目次

美容室が覚えておきたいホームページ制作の重要性

美容室が覚えておきたいホームページ制作の重要性

美容室がホームページ制作をする重要性は大まかにわけて6つあります。それぞれの重要性について詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてみてください。

顧客の信頼度向上のため

1つ目は、顧客の信頼度向上のためです。

美容室の口コミサイトとして有名な『ヘアログ』を運営する株式会社ノーマリズムの調査によれば、消費者の66%がその美容室の公式ホームページを確認しています。顧客の中には、ホームページの存否を調べるためにアクセスする人もいるため、あるか否かで集客に大きな影響を与えることもあるでしょう。

美容室だけでなく、ホームページはWeb上の名刺ともいわれており、企業や店舗情報を確認する際に必ず利用されます。そのため、ホームページ制作をして所有するだけでも顧客からの信頼を獲得できる可能性があるので、美容室にとってホームページ制作は重要であるといえるでしょう。

顧客を集客するため

2つ目の重要性は、ホームページ制作をすることで顧客を集客することができることです。

例えば、ホームページの中にコラム記事などを配信し、そのページが検索上位に表示されれば、Googleのオーガニック検索からユーザーを集客することができます。コラムページが集客の入り口になり、最終的に予約まで獲得することができれば、集客が成功することになるでしょう。

また、Googleビジネスプロフィールに『ウェブサイト』の項目を表示させることができるため、ホームページ制作をすれば、充実した情報を提供することができます。信頼度向上に関係する話になりますが、ローカル検索一覧に表示された美容室の中で『ウェブサイト』ボタンがないところよりもあるほうが安心できると思うユーザーもいるため、ホームページ制作はMEO対策にも効果的です。

コストを削減するため

3つ目は、コストを削減するためです。

ホームページ制作をすることで人件費を削減することができます。例えば、Q&Aの項目を設けることで事前に質問されやすい内容とそれに対する答えを掲載することが可能です。これにより、電話やメール対応の負担が減るため、結果的に人件費を抑えられます。

正確な情報を掲載するため

4つ目は、正確な情報を掲載するためです。

ホームページ制作をすることで正しい情報をWeb上で公開することができます。例えば、住所や電話番号、メニューなどです。

現在は、SNSが普及しており、お店の不正確な情報や口コミなどが拡散されてしまうことがあります。しかし、ホームページ制作を行い、正確な情報を掲載することで、問い合わせを減らすことができたり、間違った情報が独り歩きしづらくなったりするでしょう。

美容室の特色を知ってもらうため

5つ目は、美容室の特色を顧客に伝えるためです。

美容室がホームページ制作をすることでお店の特色を顧客に知ってもらうことができます。自身の店舗独特の雰囲気を伝えたり、コンセプトを公開したりすることで、他店舗との差別化が可能です。

「お店の雰囲気やコンセプトはポータルサイトでも伝えられるのではないか?」と疑問を持たれる方もいるかもしれません。しかし、ポータルサイトはデザインが統一されているため、オリジナル感を出しづらいです。デザインがほかの店舗と同じ感じになってしまうため、違いが明確になりづらいでしょう。

一方、ホームページ制作はゼロベースでレイアウトや取り入れる内容を決めることができます。ほかのお店とまったく違いデザインでお店を紹介することができるので、その点もホームページ制作が重要とされる理由のひとつです。

雇用にも活用できるため

6つ目は、雇用にも活用できるためです。

ホームページの中にリクルートページを設けることで、そこから人材を採用することができるようになります。

美容室の中には、実際に人材不足に陥っているところも少なくありません。令和4年4月時点の美容師の有効求人倍率は2.96倍となっており、美容室は生活衛生サービスに該当するため、人手不足が顕著な状態です。また、美容室で顧客にサービスを提供するためには、国家資格を保有している必要があり、労働環境も厳しいため、人手が集まりづらい傾向にあります。

ホームページ制作によってリクルートページを設ければ、必ず人手不足を抑制できるわけではありません。しかし、雇用の機会を増やすことができるようになるため、ホームページ制作は顧客の集客だけでなく、従業員の獲得にも貢献してくれます。

美容室がホームページ制作をする際に意識したい4つのこと

美容室がホームページ制作をする際に意識したい4つのこと

美容室がホームページ制作を成功させるためには、制作時に4つのことを意識することが重要です。それぞれのポイントについて詳しく解説しますので、ぜひ参考にしてください。

ホームページ制作の目的を明確にする

1つ目は、ホームページ制作の目的を明確にすることです。

ホームページ制作の目的は、それぞれの美容室で異なります。例えば、名刺目的でホームページ制作をする美容室もありますし、Webマーケティングまで実施したいと考えている美容室もあるでしょう。このように、目的によってホームページ制作する際に取り入れたい項目が変化します。

名刺目的ならお店の情報を掲載するだけで十分です。しかし、Webマーケティングも行いたい美容室は、コラム記事など情報を配信する場所も別途設けなければなりません。

目的を明確にすることで、ホームページの中にどのような項目を入れるべきなのかがわかるので、ホームページ制作時に意識したいポイントのひとつです。

ターゲットを決める

2つ目は、ターゲットを決めることです。

例えば、女性をメインターゲットとして集客したい美容室は、自然に使用する画像も女性向けのものになります。このようにターゲットによって適切な表現方法や採用すべき素材が変化するので、ホームページ制作をする前に確認しておきたいポイントです。

掲載したい内容を事前にまとめる

3つ目は、掲載したい内容を事前にまとめることです。

ターゲットやホームページ制作の目的を明確にしたら、自身の美容室のホームページにどのような項目を掲載すればいいのかがわかります。例えば、集客のためにホームページ制作を行う美容室は、予約フォームや情報発信ができる場所を設けたいです。また、お店の情報を配信したい美容室は、店舗情報やメニュー表などを掲載するといいでしょう。

ホームページ制作を依頼する場合、一般的にページ数などによって料金が変化します。そのため、何を掲載すべきかを把握しておくことで、どのぐらいの予算を確保すればいいのかも見えてくるでしょう。

自身の美容室の強みや特徴を洗い出す

4つ目は、自身の美容室の強みや特徴を洗い出すことです。

ホームページ制作を成功させるためには、自身の店舗の強みをしっかりと表現することが重要になります。そのため、強みや特徴をスタッフで洗い出し、整理しなければなりません。

自身の美容室の強みや特徴がわからないという人は、ほかの店舗と自身の店舗を比較するのがおすすめです。また、なぜ顧客に自身の店舗が選ばれるのかを考えることで、強みや特徴が明確になりやすいでしょう。

美容室のホームページ制作で掲載したい7つの項目

美容室のホームページ制作で掲載したい7つの項目

美容室がホームページ制作をするとき、掲載を検討したい項目は7つあります。それぞれの美容室で掲載すべき項目は変わりますが、何を入れるべきなのかを考えるときに参考になるので、ぜひチェックしてみてください。

美容室の店舗情報

1つ目は、美容室の店舗情報です。具体的には、下記のような情報が挙げられます。

  • 美容室の店舗名
  • 住所
  • 電話番号
  • 営業時間
  • 定休日など

正確な店舗情報はお店の利用を検討する人にとって重要な情報です。そのため、基本的に美容室がホームページ制作をする際、必ず含めるべき項目になります。

メニュー表

2つ目は、メニュー表です。

メニュー表は、カラーやトリートメントなどのサービス名と料金を掲載するのが一般的です。ホームページにメニュー表を掲載することで、正確な料金を顧客に提供できます。また、扱うサービスの種類なども共有できるので、掲載すべき項目のひとつです。

スタッフ紹介

3つ目は、スタッフの紹介です。

美容室に在籍するスタッフを1枚1枚写真付きで紹介します。名前はもちろんのこと、美容師歴や得意なサービス、役職等も掲載するのがおすすめです。

基本的に顧客は美容師を指名してサービスを利用します。スタッフ紹介情報は美容師を選ぶ際に参考になるため、ホームページ制作で美容室が掲載したい項目です。

予約フォーム

4つ目は、予約フォームです。

予約フォームとは、ホームページから予約することができるシステムを意味します。実際に設置することで、ポータルサイト以外から24時間予約を受け付けることが可能です。

予約フォームの設置は、電話対応の時間短縮や人員削減などのメリットがあります。また、顧客は日付や時間、サービスを選択するだけで済むので、ヒューマンエラーを防止することも期待できるでしょう。

SNSへのリンク

5つ目は、SNSへのリンクです。

美容室の中には、SNSを運用するところも少なくありません。特に、Instagramは写真や動画投稿をメインにしているサービスです。そのため、美容室が情報発信する際に最適となります。例えば、カットをしている様子を動画で投稿したり、スタイリング後の写真を公開したりすることで、美容室の利用を検討している人に対してアピールすることができます。

もし、SNSを運用しているなら、ホームページ制作をする際にSNSへのリンク設置を検討するのがおすすめです。リンクを設置することで、ホームページから集客した顧客がSNSへ流れ込み何らかのアクションをしてくれる可能性が高くなります。これにより、SNSへの集客も行うことができるので、効率的に運用することができるでしょう。

プライバシーポリシー

6つ目は、プライバシーポリシーです。

美容室がホームページから予約を受け付ける場合、ユーザー情報を収集します。例えば、名前や性別、年齢などです。個人情報保護法によりユーザー情報を収集するホームページに対してプライバシーポリシーの作成と公表は義務付けられています。そのため、予約フォームやお問い合わせページをホームページ制作で設ける場合、サイト内に掲載する必要があるでしょう。

ブログ・コラム

7つ目は、ブログ・コラムの設置です。

Webマーケティングなど集客を目的にホームページ制作をする美容室は、コラムやブログを配信できる場所を設けます。これにより、オーガニック検索から特定のキーワードでユーザーが訪問してくれるようになるので、集客に効果的です。また、SEO対策のためにホームページ制作をするという美容室も情報発信できる場所は必須になるため注意しましょう。

まとめ

今回は、美容室のホームページ制作の重要性やホームページ制作時に意識したいポイント、掲載すべき項目について解説しました。美容室にとってホームページ制作は非常に重要です。なぜなら、顧客の信頼を獲得することができたり、オーガニック検索などから集客できたりするからです。そのため、まだホームページ制作をしていないという人は、この機会にシステム開発会社へホームページ制作を依頼するのがおすすめです。

ホームページ制作の依頼を検討している美容室のオーナー様は、株式会社クラウドシードを利用してみませんか?株式会社クラウドシードは、ホームページ制作などさまざまなシステム開発に携わる企業です。美容室のホームページ制作実績も非常に豊富なため、美容室オーナー様の要望に沿ったご提案を提供させていただきます。興味がある方は、下記のリンクからお気軽にご相談ください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

これからWebサイトを作る人必見! どんなWebサイトを作ったらいい? 目的からサイトの種類を選ぶ
時計

2022/02/07

これからWebサイトを作る人必見! どんなWebサイトを作ったらいい? 目的からサイトの種類を選ぶ

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE