ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

Webサイト制作

矢印

Webサイト制作の外注、どこに依頼する? フリーランスに依頼するメリットとデメリット

時計

Webサイト制作の外注、どこに依頼する? フリーランスに依頼するメリットとデメリット

Webサイト制作の外注、どこに依頼する? フリーランスに依頼するメリットとデメリット

こんにちは。株式会社クラウドシード、Webマーケティング部です。

企業にとってWebサイトは、いまや企業の情報や扱っている商品やサービス内容を伝えるだけではなく、広告、販売、集客や採用などの手段にもなっており、社会におけるコミュニケーションツールとして無くてはならないものです。しかしながら、いざ、Webサイトを作ろうと思っても、どこに相談すればいいかわからないとお困りの方も多いのではないでしょうか?

本記事では、Webサイト制作をフリーランスに発注する選択肢について、そのメリットとデメリットについてお伝えします。近年は、クラウドソーシングやWebサイト、SNSの検索でフリーランスのWebサイト制作者を見つけることができるようになりました。Webサイト制作を制作会社に発注するべきか、フリーランスに発注するべきかお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

目次

フリーランスに発注するメリットは?

フリーランスにWebサイト制作を発注するメリットは大きくわけて3つあります。それぞれ詳しく解説します。

フリーランスに発注するメリットは?

1. 価格が安い!

フリーランスに頼む最も大きなメリットはなんといっても価格が安いことです。Webサイト制作会社では工程ごとに複数のスタッフが関わる場合が多く、スタッフの人件費がかかります。その点、フリーランスであれば、スタッフは本人ただ一人なので、人件費を大幅に削ることが可能です。またWeb制作会社では、Webサイトを公開した後の更新や修正など、その都度細かく料金が発生することもありますが、こちらもフリーランスと契約する場合は最初に更新まで含めた金額で発注することも可能です。

2. コミュニケーションがスムーズ!

制作会社では、工程ごとに担当が違う場合など、その都度確認作業が必要になることもあり、コミュニケーションに手間取ってしまうことがあります。一方、フリーランスに仕事を頼む場合は、制作担当者も営業担当者も一人なので、コミュニケーションがシンプルです。

3. 対応が柔軟!

小規模な案件だと、制作会社でコストパフォーマンスが見合わないとして受注してくれない場合がありますが、フリーランスだとそういったこともありません。必要に応じて依頼できるだけではなく、納期に関しても土日を含めて作業を引き受けてもらえる場合もあります。柔軟に対応してもらえることもフリーランスに発注するメリットといえるでしょう。

フリーランスに発注するデメリットは?

フリーランスに発注するデメリットは?

一方、フリーランスに発注するデメリットもあります。こちらも大きくわけて3つあげられます。フリーランスに発注する際は、これらのデメリットをきちんと理解することが大切です。

1. 品質のリスク

値段が安いことは発注側にとってメリットではあるのですが、その分品質が保たれるかどうかわからないというリスクもあります。スキルが低いために価格を安く設定しいるということもあるので注意が必要です。発注する前にこれまで制作した物や実績をしっかり確認することが必要です。

2. 納期や廃業のリスク

フリーランスは一人ですべてをこなすため、もし、本人が病気になるなど不測の事態が起きた場合の代わりはいません。万が一、フリーランスの人が作業ができなくなってしまう状況が起こってしまうと、納期が伸びたり、納品できなくなったりしてしまうというリスクがあります。また、サイトの更新やメンテナンスなどサイト運用までお願いしていたにもかかわらず、フリーランスの人が突然廃業してしまうというリスクもあります。突然の廃業により、別の人に再度発注せざるを得ないとなると、費用がさらにかかってしまいます。

3. 手間のリスク

フリーランスに発注する場合、サイト内容について細かいところまで具体的な指示が必要な場合があります。制作会社に発注する場合は、要望を伝えて相談すると、専門的な知見をもとに具体的な提案をもらい、そこから調整していくということができます。しかし、フリーランスに発注する場合は、目的やターゲット、デザインや文書やイメージなど、発注側からの詳細な指示が求められる場合もあります。その場合、発注側にもある程度のWeb制作の知識が必要になります。

まとめ

Webサイト制作を外注する際に、フリーランスに発注する選択肢について、そのメリットとデメリットについて解説

この記事では、Webサイト制作を外注する際に、フリーランスに発注する選択肢について、そのメリットとデメリットについてお伝えしました。

フリーランスに発注する際のメリットについて

  • 1. 価格が安い!
  • 2. コミュニケーションがスムーズ!
  • 3. 対応が柔軟!

の3つをご紹介しました。

一方、フリーランスに発注する際のデメリットについては

  • 1. 品質のリスク
  • 2. 納期や廃業のリスク
  • 3. 手間のリスク

の3つをご紹介しました。

Webサイト制作をフリーランスに発注するというのは、コストを削減できるという点で有効な選択肢の一つです。ただし、価格だけではなく、フリーランスのスキルや実績、相性を細かく吟味して選ぶことが大切です。発注の際には、サイト制作後の運用も含め、依頼する内容について事前に確認することが必要です。また、どのようなサイトを作りたいのかという仕様について具体的な細かい指示が必要な場合もあります。フリーランスに依頼するのは、Webサイト制作についてある程度の知識や経験がある人のほうがオススメです。

Webサイト作成でお困りの企業様がいたら

Webサイト作成について「どんなWebサイトを作ったらいいかわからない」「Webサイト制作をお願いしたいけれど、どこに依頼したらいいか困っている」という企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ、株式会社クラウドシードにお任せください。

クラウドシードのWebマーケティング部では、Web制作やWeb制作に関するコンサルティングも請け負っております。また、クラウドシードではWebサイト制作だけではなく、ドメイン取得やサーバー管理まで一括でご依頼いただけます。Webサイト制作の準備段階から制作、運営までWeb制作会社ならではのノウハウや知見を活かしてお力添えさせていただきます。お客様の課題やご要望に合わせたプランを提案させていただき、初期費用は一切いただきません。ご相談・お見積もりは無料で承っておりますので、以下よりお気軽にお問い合わせください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE