ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

MEO対策

矢印

【MEO対策】「MEO対策とは?」具体的な始め方と手順について解説

時計

【MEO対策】「MEO対策とは?」具体的な始め方と手順について解説

【MEO対策】「MEO対策とは?」具体的な始め方と手順について解説

こんにちは。株式会社クラウドシード、Webマーケティング部です。

現在、店舗やサービスを運営されている方々に、Web集客のより効果的な方法が求められていますが、中でも特に注目されているのがMEO対策です。しかしながら、MEO対策についてどのようにすればいいのかわからないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。本記事は、店舗やサービスを運営していてWeb集客としてMEO対策を進めたい、MEO対策の具体的な手順を知りたいとお考えの方に向けて、MEO対策の具体的な始め方とその手順について解説します。

目次

MEO対策とは?

 

MEO対策とは?

MEOというのは、英語に直すとMap Engine Optimization(マップエンジン最適化)で、MEO対策というのは、Googleマップに掲載する店舗やサービスの情報を検索結果において上位表示させることです。具体的には、ユーザーがGoogleマップ上で目的地を検索した場合に、検索結果において自社の店舗を優先的に表示させるための取り組みのことを言います。Googleマップ上の検索結果は、自然検索の結果の上に表示されるため、ユーザーがアクセスしやすいという特徴があります。うまく活用すれば、ユーザーが検索結果から来店するという行動にスムーズにつなげることができるので、特に実店舗を中心にビジネスをおこなっている方々には重要なWeb集客手段の一つといえます。

MEO対策の具体的な施策とその手法とは?

MEO対策の具体的な施策としては、まずは店舗をGoogleマップ上の検索結果に表示させるために、Googleマイビジネスに登録することが必要です。その上で、表示順位を上位にするために、Googleマイビジネスの登録情報を最適化していくことです。

Googleマップ上の検索結果には、検索ユーザーの位置情報が大きく影響します。実際に利用したい店舗を探しているユーザーに、現在地からすぐに行ける場所にある店舗が、検索結果として示される仕組みになっているからです。それによって、ユーザーは検索結果から店舗情報を確認し、経路案内で店舗に行くという行動にスムーズに移ることができます。しかし、表示順位を決定する要素は、位置情報だけではありません。Googleマイビジネス内に登録されている情報も検索結果に大きく関わります。Googleマイビジネスに情報を登録する際にどのような対策をとるかが、MEO対策の重要な鍵になります。

Googleマイビジネスに登録する情報は?

 

Googleマイビジネスに登録する情報は?

 

Googleマイビジネスに登録する際には、GoogleGmailアカウントが必要になります。

1.新規アカウントで登録する場合

Googleマイビジネスに登録する情報はおおむね以下の通りです。実際に情報を入力していくステップは、条件の入力によって分岐して異なってくるので、以下の順番とは限りませんが、登録時に提示される項目にそって正しくより詳しく情報を登録していくことが重要になります。

  1. 1.ビジネス名(店舗名)
  2. 2.ビジネスカテゴリの選択
  3. 3.住所の入力
  4. 4.ビジネスの所在地をマップ上で指定
  5. 5.連絡先電話番号とWebサイトURL
  6. 6.店舗の営業時間と定休日
  7. 7.特別営業時間
  8. 8.ビジネス情報
  9. 9.サービスのアイテム
  10. 10.開業日
  11. 11. 写真や動画

2.すでにアカウントがあり、登録済みの場合

すでに登録されている方は管理画面から情報の編集ができます。

そこで1~11のような情報が正しく設定されているか見直すことが重要になります。

いずれの場合も、Googleマイビジネスを利用するためのオーナー確認の手続きが必要です。新規で登録される場合は、登録情報を入力するステップにおいて「オーナー確認の方法選択」という項目があり、郵送をはじめとするいくつかの方法から選ぶことができます。すでに情報を登録されている場合は、管理画面から手続きができます。オーナー確認の済んでいないビジネスは信頼度が低くなりますので、なるべく早く済ませましょう。

NAP情報の統一とは?

 

NAP情報の統一とは?

実際に店舗情報をGoogleマイビジネスに登録していく上で、最も注意しなければならないことは、公式サイトなどに掲載しているNAP情報を統一することです。

NAP情報というのは、以下の3つです。

  1. 1.Name(会社名・店舗名)
  2. 2.Address(住所)
  3. 3.Phone(電話番号)

Googleの検索結果には、ネット上の「知名度」が大きく関係します。Googleのアルゴリズムは、その「知名度」について「ネット上でそのビジネスのNAP情報がどれだけとりあげられているか」を判断基準にしています。そのため、NAP情報が統一されていないと、別のビジネスと判断されてしまい、ビジネスの知名度が低いとされてしまいます。名前にアルファベットや数字が入っている場合の半角と全角の表記、住所にビルの名前が入っている場合のビル名の表記や番地の記載方法など、細かい部分まで表記の揺れがないかきちんと確認して、NAP情報を統一しましょう。

まとめ

 

MEO対策では、Googleマイビジネスに登録が必要。登録情報を、正確に入力し、充実させることが重要。ユーザーにとって「信頼できる情報」であることが、検索結果に上位表示させる判断基準です。

MEO対策では、Googleマイビジネスに登録することが必要になります。その際、Googleマイビジネスに登録する情報を、正確に入力し、充実させていくことが重要です。ユーザーにとって「信頼できる情報」であることが、検索結果に上位表示させる判断基準になるからです。ユーザーの目線に立った運用をすることがポイントになりますので、Googleマイビジネスの登録情報は最新の状態に保つことが大切です。

MEO対策にお困りの企業様がいたら

MEO対策について「運用方法がわからない」「運用を行なってみたけれど、上位表示されない」「運行代用をお願いしたいけれど、どこに依頼したらいいか困っている」という企業様がいらっしゃいましたら、ぜひ、株式会社クラウドシードにお任せください。クラウドシードのWebマーケティング部では、MEO対策のコンサルティングや運用代行を請け負っております。Web制作会社ならではのノウハウや知見を活かし、お力添えさせていただきます。お客様の課題やご要望に合わせたプランを提案させていただき、初期費用は一切いただきません。ご相談・お見積もりは無料で承っておりますので、以下よりお気軽にお問い合わせください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

【MEO対策】Googleマイビジネスに登録する方法は? MEO対策を始めたい方に詳細ステップを解説
時計

2021/12/06

【MEO対策】Googleマイビジネスに登録する方法は? 詳細にステップを解説

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE