ホーム

CLOUDSEED BLOG

矢印

MEO対策

矢印

【飲食店のMEO対策】オススメ理由や得られる効果を具体的に解説!

時計

【飲食店のMEO対策】オススメ理由や得られる効果を具体的に解説!

【飲食店のMEO対策】オススメ理由や得られる効果を具体的に解説!

こんにちは。
株式会社クラウドシード、Webマーケティング部です。

MEO対策の重要性は高まっていますが、対策を行っている店舗はまだまだ少ないです。
以下のような内容で、MEO対策やWeb集客にお悩みの飲食店オーナー様もまだまだ多いのではないでしょうか。

  • 「飲食店がMEO対策を行う必要性はどれくらいなのか正直わからない」
  • 「MEO対策で、本当に集客効果を得られるのか不安」
  • 「対策の仕方や、費用がどれくらいかかるのかわからない」
  • 「ポータルサイトを利用する集客方法は高い…」

しかし、結論から言えば、飲食店にMEO対策は必須です。もはや必要不可欠であるとすら言えます。知識を持ってMEO対策を行えば、高い集客効果を得られ、来店数の増加に繋げられます。

そこで、本記事では飲食店にMEO対策をここまでオススメする理由や、MEO対策を行う事で得られる効果を具体的にご紹介します。

目次

MEO対策とは

MEO対策とは

MEO対策とは、具体的には検索を行ったユーザーがGoogleマップ上で目的地を探す際、自社の店舗を優先的に表示させるようにする取り組みのことで、いわばWeb集客の手段の一つです。

「どこを通るのが最短か」「付近にどんな飲食店があるのか」を、その場や地域を限定して検索した際、たとえマップアプリを開いていなくても付近の検索対象となる実店舗がGoogleマップ上に表示されますよね。この検索結果に、自社店舗を優先的に表示させる施策です。

特に、MEOを活用した集客でメリットを得られるのは、実店舗を中心にビジネスを行っている方々となります。うまく活用することで、消費者が「行きたい」「買いたい」「食べたい」などと思ったタイミングに、検索を通じて消費行動に繋げることができるからです。

MEOの有効性は年々上がってきているにもかかわらず、まだ未展開・未対策の企業も多いため、先んじて対策を打つことが可能です。

MEO対策に関して、詳しくはこちらの記事で解説しています。
≫MEO対策とは?SEOとの違いや、対策を行うメリット・デメリットを解説

 

MEO対策が重要な飲食店業種の例

居酒屋・カフェ・多国籍料理店・寿司・ラーメン・焼肉・イタリアン・ダーツバー・レストラン・中華料理店・韓国料理店・鍋・クレープなど

実店舗で飲食物の提供を行っているのであれば、どんな料理を提供していてもMEO対策を行う事が可能です。店舗内での飲食を提供している場合はもちろん、テイクアウトのみの場合でも、店舗で販売を行っているのであればMEO対策は必要不可欠です。

飲食店業界とMEO対策との相性

MEO対策を有効に行う事で、「今からこの地域で食べたい」「この付近で〇〇を食べられるお店はあるか」といった、来店の可能性が非常に高いユーザーのニーズに効果的にアプローチを行う事ができます。つまり、来店数の増加につなげる事ができるのです。

また、グルメサイトでお店を探しているユーザー数は年々減少傾向にあり、その一方でGoogleマップを活用しているユーザーは年々増加しています。より一層、早めにMEO対策へ着手する事をオススメしたい業界です。

飲食店にMEO対策をオススメする理由

飲食店にMEO対策をオススメする理由

比較的安価に集客を行える

飲食のWeb集客手段として、大手ポータルサイトへの掲載が挙げられます。しかし、その費用は高く今後も増加していく見通しです。また、掲載順が掲載費用に左右されている事も多い為、高い集客効果を得るにはかなりの費用を必要とします。

しかし、MEO対策を行うためのGoogleマイビジネスへの登録は無料で行えます。初期費用もなく、自社運用であれば完全無料で行えます。外注したとしても、その費用は~5万円程度/月が相場であるため、場合によってはポータルサイトよりも安価に集客を行えるのです。

無料で始められ外注も安価に行えるMEO対策は、金銭的な側面でも非常にオススメできます。

ポータルサイトよりも検索上位に表示される

MEO対策で上位3位以内に表示されるようになると、ポータルサイトやWebサイトなどのSEO対策で検索上位に表示されているサイトよりもより上位に表示されます。

次の写真の赤枠の部分が、Googleマップの検索上位表示場所です。赤枠より下の部分には、SEO対策で順位を操作できる自然検索結果が表示されています。

飲食店のMEO検索結果表示位置を示した画像

このように、ポータルサイトのようなWEBコンテンツは、どんなに効果のあるSEO対策を行って検索順位1位を獲得したとしても、Googleマップの検索結果よりも下に表示されてしまうのです。

また、ユーザーは上部に表示さる情報を積極的に確認する傾向が強いため、上位表示されるほどクリック率も上がります。MEO対策をしっかり行って上位表示を狙う事で、自社店舗に興味を持ってもらえる可能性も上がります。

来店人数アップを見込める

「地域名×〇〇」などで検索を行うユーザーは、直近その地域を訪れる可能性が非常に高いユーザーです。「地域名×パスタ」と検索するユーザーは、パスタを食べたいけれど、どこで食べるかは決まっていないというユーザーだと考えられますよね。

MEO対策をしっかり行う事で、このような来店見込みが高いユーザーの目に留まる機会が増えます。つまり、来店の可能性が高いユーザーに対して、効果的なアピールを行う事ができるのです。

このことから、MEOの集客効果は非常に高いと言われており、来店数アップが見込めるのです。

顧客の指標となる口コミを集め、来店数に繋げられる

「飲食店の口コミをチェックする際、顧客はどこで口コミを閲覧しているのか」という調査を、2021年に株式会社フェアチュアルが行いました。(参考サイト

結果は、以下のように発表されています。

・大手ポータルサイト:54.5%
・Googleマップ:44.5%

また、2019年4月と2021年3月の集計結果を比較すると、1位の大手ポータルサイトの口コミを参考にする人は減っており、2位のグーグルマップを参考にする人は増えています。つまり、Googleマイビジネスを活用したMEO対策を行う必要性は増してきているのです。

MEO対策をしっかり行えば、Googleマイビジネスの口コミやレビューを増やす事ができます。また、口コミ対策をしていない状態だと「不満を持ったお客様が優先的に低い評価で書きこみやすい」という傾向から、印象の悪い口コミばかり集まりやすいです。

もちろんどちらもチェックしているという可能性も否めませんが、MEO対策をせずに大手ポータルサイトの掲載を行っているだけでは、最大約4.5割程度の顧客を逃してしまう事にもつながります。

ぜひ、閲覧数が高いGoogleマップの口コミも意識してみてください。

SEOやポータルサイトと比べ、競合が少ない

SEOやポータルサイトと比べ、競合が少ない

MEO対策は、競合が周辺の同業種に絞られます。そのため、SEOやポータルサイトよりも比較的少なく、検索上位を狙える可能性が非常に高いです。

MEO対策・SEO対策・ポータルサイトの競合を比較すると、次のようになります。

  • MEO対策
    周辺地域内の同業種(飲食店)での上位争いとなる。検索キーワードの設定次第では、例えばイタリア料理店を経営している場合「地域×イタリアン」などでキーワード設定を行う事で、ユーザーの検索キーワードによっては付近の日本料理店や中華料理店などの同業他社との差別化を行う事ができる。
  • SEO対策
    地域問わず多くのWebサイトが上位争うに参加しているため、全国が競合状態。メジャーなキーワードは大手企業など、SEO対策に力を入れているサイトが上位表示されている事が多く、効果を得にくい。
  • ポータルサイト
    掲載料金の支払額によって表示順位の変動がある場合も多く、検索結果から埋もれる事が多い。また、競合他社と羅列されるため、ユーザーが分散しやすい。

SEO対策は地域を問わないため、その分競合数は膨大です。ポータルサイトの場合は地域を絞って検索を行う事も可能ではありますが、掲載料金を多く支払っている店舗が上位に表示される事も多く、上位表示させるには多額の掲載料が必要になってしまいます。

その一方で、MEO対策は基本的に絞った地域内での上位表示争いになるため、今からMEO対策を始める飲食店で合っても上位表示を狙える可能性は十分にあります。

まだMEO対策を行えている企業が少ないことも影響しているのですが、店舗が位置する地域によっては「Googleマイビジネスの登録」と「Webサイトの作成」を済ませるだけで、特定のキーワードの検索結果で自店舗が上位表示されるということも起こり得るのです。

短期間で効果を得られやすい

MEO対策は、SEO対策に比べて上位表示までの期間が短い傾向があります。

SEO対策はサイトの内部構造を整えたり、質や専門性の高いコンテンツを追加したりと、サイト全体に施策を行う必要があるため、手間はもちろんのことですがかなりの時間も費やします。SEO対策は、対策を初めてから上位表示いされるまでに半年~1年ほどの時間が必要だとされているのです。

それに比べて、MEO対策の場合は早ければ1週間~半年程度で上位表示ができる可能性が高いです。もちろん、エリア内の競合店舗が少なければ少ないほど、即効性を発揮する事ができます。

最後に

以上では、MEO対策が必要な理由や対策方法を解説してきました。飲食店を運営されているのであれば、いかにメリットがあるのかご理解いただけたかと思います。

自社内であれば完全無料で運用できるのが、MEO対策の良いところです。ぜひ、この機に運用を始めてみてください。

MEO対策に迷っている飲食店オーナー様がいたら

それでも、
「運用方法がよくわからない」
「対策を行ってみたけれど、検索上位を獲得できない」
「運用代行をお願いしたいけれど、どこに依頼したらいいか困っている」
という飲食店のオーナー様がいらっしゃいましたら、株式会社クラウドシードにお任せください。

クラウドシードのWebマーケティング部では、MEO対策のコンサルティングや運用代行を請け負っております。Web制作会社ならではのノウハウや知見を活かし、お力添えさせていただきます。

お客様の課題やご要望に合わせたプランを提案させていただき、初期費用は一切いただきません。
ご相談・お見積りは無料で承っておりますので、以下よりお気軽にお問合せください。

クラウドシードお問い合わせ

CONNECTION

【MEO対策】効果的にMEO対策をするには? Googleマイビジネスを充実させよう
時計

2021/12/06

【MEO対策】効果的にMEO対策をするには? Googleマイビジネスを充実させよう

POPULARITY

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~のコピー
時計

2023/02/02

Figmaで作る&使える~簡単なパターンの作り方~

ORIGINAL SERVICE